FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

越前福井の旅(その3 福井県立恐竜博物館)
DSCF5338_201611291552577d7.jpg


11月25日(金)の午後、永平寺から福井県立恐竜博物館にやって来ました。
ここを訪れるのは、今回が初めてです。
恐竜については知らないことばかりでしたので、大変興味を喚起されました。
そこでみなさんに三択の質問をしてみます。

①  恐竜は何類?

    イ 爬虫類     ロ 哺乳類    ハ 両生類

②  現在わかっている最初の恐竜の年代は?
 
    イ 2億3千万年前   ロ 5億3千万年前   ハ 8億3千万年前

③  恐竜が滅亡した年代は?

    イ  9550万年前   ロ 6550万年前    ハ 3550万年前

④  初期の恐竜の大きさは?
    イ  1.5mほど    ロ 5.5mほど     ハ  15.5mほど

⑤  現在で最大恐竜とされているアルゼンチノサウルスの大きさは?

    イ  26m   ロ 36m   ハ 46m

⑥  サウルスの意味は?

    イ  ヘビ    ロ ワニ   ハ トカゲ

DSCF5308_20161129155257576.jpg

DSCF5337_20161129155202f24.jpg

上はケラトサウルスの歯、下は30cmもあるティラノサウルスの歯です。

DSCF5305_20161129170856b55.jpg

複製もありましたが、実物もたくさん展示されていました。

DSCF5324_20161129155256803.jpg

福井県の恐竜で、フクイサウルスは日本で初めて全身骨格が復元された草食恐竜です。全長約5mあります。

DSCF5329_20161129155203d74.jpg

おなじく福井県の恐竜で、フクイティタンは全長約10mの草食恐竜です。

DSCF5307.jpg

恐竜の卵と子どもです。

DSCF5306_20161129155203265.jpg

サイの祖先のような恐竜です。

DSCF5333_201611291552021df.jpg

翼竜の骨格標本です。

DSCF5304_201611291553345ac.jpg

DSCF5320_201611291552036f0.jpg

館内には、動き吠える恐竜や首長竜などの模型が、至る所に展示されていました。

DSCF5294.jpg

生命の誕生と歴史についての詳しい展示もあって、大変充実した博物館でした。

2時間の見学を終えて、午後3時に福井県勝山市をあとにしました。
帰る途中、バスは渋滞にあって、田辺のマンションに戻ったのは午後10時でした。

    2016.11.25           くまお

追記

1 福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館(入館料100円)・福井県立恐竜博物館(入館料720円)は、70才以上は無料でした。

2 六つの質問に全問正解できましたか?

  正解は、 ① イ   ② イ   ③ ロ   ④ イ   ⑤ ロ   ⑥ ハ

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

越前福井の旅(その2 東尋坊観光遊覧船・永平寺)
DSCF5101.jpg

               * あわら温泉に立つ朝の虹


11月25日(金)、朝から冷たい雨が降っていました。
一瞬、きれいな虹が立ちました。

DSCF5109_20161128154214874.jpg

危ぶまれていた東尋坊観光遊覧船の催行は、添乗員さんの懇願が功を奏して叶いました。
ただし、出航場所は東尋坊から三国港に変更されました。

DSCF5171_20161128154125883.jpg

観光遊覧船は、三国港から右手にまわり、東尋坊の岬に出ました。

DSCF5125_20161129105149d12.jpg

昨日観光した東尋坊の遠景です。

DSCF5183.jpg

東尋坊の乗船場には、白波が打ち付けていました。

DSCF5175_20161128154124b55.jpg

輝石安山岩の柱状節理です。

DSCF5162.jpg

続いて、観光遊覧船は波を蹴立てて、雄島に向かいました。

DSCF5137.jpg

雄島では柱状節理の他に、板状節理も見られました。

DSCF5150_20161128154215bac.jpg

東尋坊より沖にある雄島の磯には、さらに大きな波が打ち寄せていました。

DSCF5189.jpg

DSCF5167_201611281541252cc.jpg

雄島からの戻りに、東尋坊のライオン岩や洞穴などの船内説明をしてくれました。

DSCF5208.jpg

DSCF5212.jpg

30分あまりの遊覧でしたが、船酔いすることなく、無事三国港に戻りました。


バスは東尋坊から永平寺へ向かいました。

DSCF5217_20161129112059b58.jpg

東尋坊同様、永平寺も昨年9月に訪れました。

DSCF5223.jpg

DSCF5228_20161129104429bec.jpg

今回は紅葉の永平寺を期待してきましたが、ほとんど落葉していました。

DSCF5244_20161129104528713.jpg

「雨もまた良し」と、思い直しました。

DSCF5238.jpg

DSCF5249.jpg

法堂前の紅葉は、散らずに残ってくれていました。

DSCF5276_20161129104430ab9.jpg

永平寺参拝の後、門前のお店で、昼食の精進料理をいただきました。
そして、旅の最後に、「福井県立恐竜博物館」に向かいました。

   2016.11.25                 くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi