陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

今年(2016年)を振り返って
DSC_3224.jpg

                  * 中瀬沼と裏磐梯


12月29日(木)、風邪はほぼ治って気分も回復してきました。
足首の捻挫は、もうしばらく具合が悪そうです。
年末にあたり、先ず、いろいろお心遣いくださった方々に感謝申し上げるとともに、
今年の私事を箇条書き的に振り返ってみました。


① 一冊だけの本『陶芸アトリエ高瀬川Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ』の出版(1.30~)

DSCF3640.jpg


本をクマノミさん兄姉のみなさんにも読んでもらいました。
ブログを引き継いでからの念願を果たし、心の重荷を下ろしました。


② クマノミさんの七回忌

DSCF1325.jpg

               * クマノミさんの好物 海鮮丼

月日の経つのは早く、「去る者は日々に疎し」と言われます。
法事には娘家族がやって来て、マンションは孫たちで賑やかになりました。(7.16)
沖縄の豆タイフーンは、その後、紀南地方に長く留まりました。


③ 久しぶりの演劇鑑賞・映画観賞

DSCF0799_201601230756331b1.jpg

演劇「屋根」(3.15)、映画「海難1890」(1.27)・「杉原千畝」2.16)など。
近年、夜は酒を呑んで、出歩くことはあまりありませんでしたが。


④ うたごえサークルへの参加

DSCF4868_20161117201429a05.jpg

誘われて参加したうたごえサークルです。
いただいた歌集には、学生時代の歌が沢山載っていました。
懐かしさやほろ苦い青春の想いが、胸中に湧いてきました。
忘年会やカラオケにも参加し、青春を振り返るよすがとなりました。
 「ああ、過去に魅かれるほど、私は年を取ったのだなあ。」と、実感しました。


⑤ 尾鷲行

DSCF0412_20160621143728f60.jpg

小学校の同級会(6.21)、姉の病気見舞い(4.11、12.13)などで尾鷲に行く機会がありました。
道中、鬼ヶ城・瀞峡・丸山千枚田・赤木城跡・布引の滝などに立ち寄りました。


⑥ 釣行

DSCF0869.jpg

寒グレ釣り(3.17、3.24)、イサギの船釣り(4.27)に行きました。
何十年ぶりの潮岬の磯釣りでした。
恒例の互助会の釣大会(11.8)に参加しました。
大会では、大物を逃がして、他漁の部二位にとどまりました。


⑦ 初めて買った一眼レフカメラ(8.24)を持って、栗駒山・焼石岳(9.29~10.2)へ

DSC_2093.jpg

フルサイズなので、とにかく重い(1,7kg)のです。
栗駒山・焼石岳登山は、ベテランのみなさんに引率してもらいました。
右膝を痛めて、ご一行のみなさんに随分迷惑を掛けてしまいました。


⑧ 紅葉の裏磐梯

DSC_3449.jpg

裏磐梯などを12日間(10.11~22)かけて回りました。
行きは、福井、新潟で泊し、裏磐梯では4泊しました。
帰りは、那須高原・蓼科高原を訪れました。
車での一人旅は、自由気ままに回れましたが、大変疲れました。

⑨ 高退協の旅行

DSCF4084_201611131041390a2.jpg

韓国旅行(10.30~11.3)では、初めて釜山・慶州を訪れました。
福井へのバス旅行(11.24~25)では、恐竜博物館に大変興味を懐きました。
大和の行者還り林道の紅葉狩り(11.19)は、すでに紅葉は終わっていて、リベンジとなりました。
那智勝浦の忘年会(12.15~16)は、おとなしく過ごしました。


⑩ 吊し柿(12.6~)

DSC_5903.jpg

久しぶりに作ったジャンボ吊し柿は、うまく出来上がりました。
たった一つだけあげた方からも感謝されたので、来年も挑戦することにしました。

   2016.12.30             くまお

アニメ素材 071
  

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

小春日和
DSC_7041.jpg


12月25日(日)は、小春日和でした。
私は朝から、県道沿いのガソリンスタンドへ給油に出かけました。

DSC_7111.jpg

道路を隔てた跡の浦湾では、小山島が穏やかな波の中に浮かんでいました。
小山島はめがね岩になっています。

DSC_7060.jpg

渡り鳥たちが、群れ飛んでいました。
このあたりの岩礁が、鳥たちのねぐらになっているのです。

ついでに、新庄公園に行きました。

DSCF5771_20161227173208624.jpg

ハマボウの葉はほとんど落葉していましたが、残った部分は紅葉していました。

DSCF5690.jpg

タイワンフウも、二、三本紅葉を残してくれていました。

DSCF5718.jpg

池の方へ回ってみました。

DSCF5735.jpg

DSCF5742.jpg

池の奥では、渡り鳥たちは飛び跳ねたり、羽づくろいをしていました。
久しぶりの新庄公園の散策でした。

午後、今年最後のテニスに参加しました。

DSCF5827_20161227194248372.jpg

上富田町スポーツセンターのコートです。

私を含めて9人が参加しました。
今年終いのテニスということもあり、いつもより大勢集まりました。
私は風邪気味なので、まずカメラを携え、近隣の梅畑を散策しました。

DSCF5810.jpg
DSCF5808.jpg


暖かな日差しの中に、タンポポは咲き、綿毛を飛ばしていました。

DSCF5802.jpg

梅畑に、一輪の梅の花を見つけました。
コートに戻ると、私のプレーの番が、二回飛ばしになっていました。

DSCF5854.jpg

コートの整備を終えての帰り道、梅畑の向こうはきれいに夕焼けていました。
来年も元気にテニスが出来ることを願いながら、家路を急ぎました。

2016.12.25           くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

寒鯉の煮凝りとトマトパスタ
DSCF5651_201612192230308f9.jpg


若狭の三方五湖湖畔の親戚から、「寒鯉の煮凝り」が届きました。
抱卵したとても大きな寒鯉の煮凝りです。
豆と一緒に、十数時間も煮るそうです。
川魚の臭みは全くなくて、酒の肴にぴったりです。
クマノミさんが大好物だったので、年末にいつも送ってくれます。
レモン汁を掛けてもいいです。
甘酸っぱくなって、これまた美味しいのです。


先日、買い物に行くのが面倒だったので、冷凍庫の中を物色しました。
娘が作ったトマトピューレが一袋残っていたので、パスタを作りました。

DSCF5654.jpg

トマトピューレにケチャップとウスターソースを適当に入れてみました。
さらに、カレー粉・胡椒を少々、薄切りにした黒豚のミートローフを加えました。
そして、赤ワインをたっぷり入れて煮込みました。
まあまあ美味しかったです。
パプリカがあったので、入れればよかったと、後で思いました。

     2016.12.22              くまお

追記

またまた、朝な夕なの風景です。

DSC_6916.jpg

DSC_7002.jpg

DSC_6957.jpg



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

零余子ご飯
DSCF5619_201612182302375f2.jpg


12月18日(日)、以前友だちにもらった零余子(むかご)で、味ご飯を炊きました。
酒とみりん、塩と薄口醤油、昆布三切れを加えました。

DSCF5617_201612182302372d8.jpg

出汁はこれも元同僚にいただいた「あご出汁」一袋を入れました。
ほくほくして美味しかったです。

2016.12.18            くまお

追記

DSC_6638.jpg

17日(土)の夕景です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

来年の干支は申から酉へ
DSCF5606.jpg

             * 来年の干支 酉の糸鋸木工細工


先日の忘年会に同行した方からのいただいた物です。
そのかたのご主人が、丹念に創り上げた酉の糸鋸木工細工です。
一枚の板に色付けされたそれぞれのパーツをはめ込んでいます。

DSCF1818[1]

今年の干支 申の置物もいただいていました。
今年もあと二週間を残すのみとなりましたので、小さな画像にしました。
年末年始になると、こうして干支のことが話題になります。
鳥インフルエンザが早く終息して、素敵な年を迎えたいものです。

    2016.12.17            くまお

追記

DSC_6556.jpg

DSCF5597_20161217152537c37.jpg

12月16日(金)の夕景です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

「サンかつうら」からの手紙
img007さんカツウラ
               * 「サンかつうら」からの手紙


12月15(木)から、一泊二日の高退協支部忘年会に出席しました。
場所は那智勝浦の「サンかつうら」(公立学校共済組合保養所)でした。
サンかつ」といって、私達が長年親しんできた保養所です。
サンかつうら」は1977年に開業して、今年で39年になります。
諸般の事情で、今年末?で休業するそうです。
最後の利用と言うことで、忘年会の会場に選ばれました。

午後4時に到着すると、「サンかつ」の方より、上記の手紙とスタッフ一同の写真、「感謝 サンかつうら」の銘が入ったお土産をいただきました。

DSCF5611_201612171234352e0.jpg

  熊野みやげ「鯨土鈴」

DSC_6531.jpg

かつて私は、尾鷲への帰省の折によく利用しました。

DSC_6534.jpg

本日は名残りを惜しむかのように、玄関が電飾されていました。

DSC_6520.jpg

重たい雲が空に広がっていました。

DSC_6518.jpg

私はすぐそばの海岸に出てみました。
スタッフの描いた「Thank you」の文字は消えていましたが、、繰り返し寄せる波が別れを惜しむかのようでした。
休業の後、「サンかつ」はどうなるのか私は知りません。
サンかつうら」からの手紙のようであって欲しいものです。

 Someday we'll see you this place. 

   2016.12.16             くまお

追記

DSC_6501.jpg

途中に休憩した、串本の橋杭岩の風景です。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

尾鷲行
DSC_6391.jpg


12月12日(月)午前7時、 入院している姉を見舞うため、三重県尾鷲に出かけました。
昨夜からの冷え込みで、小広トンネル付近は、びっしりと霜が降りていました。
国道168号線を請川まで来ると、熊野川から靄?が勢いよく立ち昇っていました。

DSC_6396.jpg

不思議なので車を停め、よく観てみました。
川湯温泉から流れてきた大塔川の温かい水が、冷たい熊野川に流れ込んでいたのです。
その後橋を渡り、169号線を北山川に沿って北上しました。


DSC_6425.jpg

北山川に架かる瀞大橋の手前で駐車して、橋上に行きました。

DSC_6400.jpg

DSC_6423.jpg

上流の瀞峡は、立ち込めた霧の中でした。

DSC_6411.jpg

湯の口温泉のある下流でも、霧が立ち昇っていました。
朝陽が差し込めば、良い風景になりそうです。

DSC_6428.jpg

トイレ休憩のため、「さぎりの里」に寄りました。
風伝下ろしで有名な「さぎりの里」は、晴天でした。
早朝には、霧が出ていたのかもしれません。
私は何度もここを通りますが、霧に出合ったことはないのです。


DSC_6455.jpg

尾鷲には午前10時ごろに着きました。
打ち合わせた時間にはまだ早いので、尾鷲漁港へ立ち寄りました。
せり市は終了していました。

DSC_6437.jpg

しばらく尾鷲湾を眺めてから、兄の家に行きました。
兄夫婦・姪と連れて、病院に行きました。
9歳上の姉は、10月から入院しています。
やつれてはいましたが、元気そうな顔をして迎えてくれました。
「気持ちを強く持ってリハビリし、早く退院しましょう。」と励まして、病院を辞しました。
兄たちとは昼食を共にして、そのあと友人を訪ねました。
帰り道のことを考えて、午後3時過ぎ、尾鷲を離れました。


DSC_6461.jpg

いつものように、熊野市の獅子岩で休憩しました。

DSC_6469.jpg

七里ヶ浜と称されるように、浜が長く続いていました。


DSC_6491.jpg

上富田町の彦五郎堤に、イルミネーションが灯っていました。
夕食を買ってマンションに戻ったのは、午後6時過ぎでした。
気がかりだった姉の病気見舞いを終えて、ほっとしました。

     2016.12.12               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

台湾楓の紅葉(上富田スポーツセンター)
DSCF5561_20161211222209793.jpg


12月11日(日)、午後2時より上富田でテニスをしました。

DSCF5562タイワンフウ

テニスの合間に上富田スポーツセンターの遊び場に行ってみました。

DSCF5587_2016121122112812f.jpg

夕陽を浴びた台湾楓が、赤く燃えていました。

DSCF5571_2016121122112781d.jpg

展望台からは、田辺湾の塔島が見えました。

DSCF5585_20161211221126a41.jpg

十三夜の月が、明るさを増してきました。
遊び場に姉弟がいたので、「こんにちは」と声をかけると、可愛い声で返事をくれました。
「かしこいなあ。」と私は言って、遊び場を去りました。
近くにお母さんがいたので、安心しました。
コートに戻ると、最終の試合が行われていました。

   2016.12.11             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ドキュメンタリー映画「轟音」を観て
img006_2016121110572042b.jpg


12月10日(土)の午後、上富田文化会館で、ドキュメンタリー映画「轟音」(ごうおん)の上映会がありました。

img004.jpg

1945年5月5日、龍神村にB29が墜落した。
その当時の村人たちの様子と、その後慰霊碑が建てられ、慰霊祭が村人によって続けられてきたことなどが、ドキュメンタリーで描かれていました。
『轟音』の著者 古久保健さんの努力が実り、B29の遺族と出会う場面など涙を誘われました。
映画「轟音」の上映の後、古久保健さんの平和へ願いが、熱く語られました。
また、「この映画は若い世代にもっと観てほしい」という、古久保さんの思いに共感しました。
とてもいい映画でした。


みかんを買うため、富田のサニーマートへ行きました。
生馬橋を渡り、国道42号の対岸、保呂の道を走りました。

DSCF5536_20161211110632cc1.jpg

郵便橋手前の富田川河川敷は、薄の白い穂で埋め尽くされていました。
思わず車を停車して、カメラを構えました。
逆光で、うまく撮れていませんでした。

    2016.12.10            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

初冬の大斎原・七越峯
DSCF5487_201612092116038bd.jpg

                * 熊野本宮大斎原の大鳥居


12月8日(木)の午前11時半過ぎ、本宮町方面へ遅い紅葉狩りに出かけました。

DSCF5463.jpg

DSCF5461.jpg

大斎原熊野本宮大社の旧社地)には、名残りの紅葉が見られました。
日暮れるまでにまだ小一時間ありそうなので、七越峯に行ってみました。


DSCF5498_20161209214156acc.jpg

七越峯の入口では、紅葉した満天星つつじが出迎えてくれました。

DSC_6353.jpg

DSC_6349.jpg

「犬も歩けば棒に当たる」で、足は運ぶものですね。

DSCF5523_20161209220253cbf.jpg

DSC_6362.jpg

落葉した桜並木の道を上った頂では、銀杏とセコイヤの静かな初冬の佇まいを見るばかりでした。

DSC_6359.jpg

「日暮れないうちに」と,大斎原を見下ろす七越峯をあとにしました。

DSC_6382.jpg

途中、紅葉した山を見つけました。
紅葉と言っても、紀南地方の紅葉はこの程度なのです。

道の駅「熊野古道中辺路」に立ち寄って、一つ残っていた「半殺し」(蓬餅)を買って帰りました。

     2016.12.8              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi