FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

春のあらし
DSC_8022.jpg

               * 富田の浜の夕陽と白波


1月14日(土)、春の嵐が吹き荒れました。

DSC_7824.jpg

昨夜来、ビュービューと外吹く強い風の音が、部屋中に響きました。

そんな天候の中、午後2時半から「うたごえ喫茶」が、和カフェ「南の麦」で開かれました。
天候や他のコンサートなどで、参加者はいつもより少人数でした。
私はロシア民謡「カチューシャ」を歌いました。
アコーディオンの伴奏ですから、とても気持ちよく歌えました。
午後5時、いつもの「青い山脈」の踊りと合唱で、締めとなりました。

帰ろうとすると、富田の浜が夕焼けておりました。
私は急いで車を走らせ、渚に駆けおりました。

DSC_8013.jpg

夕日は沈もうとしていました。

DSC_7866.jpg

大慌てでシャッターを切りました。

DSC_8018.jpg

DSC_8020.jpg

刻々と沈む夕陽と打ち寄せる白波に向かって、渚を移動しました。

DSC_7928.jpg

夕日が沈み、渚を離れて帰ろうとすると、寒さが身に染みて感じられました。
駐車した場所に行くと、車が見当たりませんでした。
防潮堤から浜に下りるところの、松林のアスファルト部分に置いたはずでした。
私は慌てふためきました。
辺りは暗くなってきました。

そこへ犬の散歩に来た地元の方に出会いました。
「車が見当たらないのです。」というと、浜に下りる通路に番号がつけてあります。ここは2番です。」と、教えてくれました。
1番に戻ると、車がありました。
どちらの場所もそっくりなのです。
白波を追っかけているうちに、2番の渚まで移動していたのです。
「それは笑い話やろ」と言われそうですが、本当の話です。

私はほっとして、買物もせず、急ぎ紀勢道で帰りました。

   2017.1.14                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

東光寺の春
DSCF6025.jpg


1月10日(火)のお昼前、内科医院に行くと、混み合っていました。
翌日に延ばして、近くの東光寺に行ってみました。
ブログ「花②のよもやま話」さんに書かれていた、「雪中四花」を探しました。

DSCF6028_20170111224850e0e.jpg

DSCF6060_20170111224851d88.jpg

水仙を見つけました。

DSCF6049_201701112248487b0.jpg

DSCF6035.jpg

蝋梅、白梅も咲いていました。

DSCF6029.jpg

東光寺の椿はまだつぼみで、山茶花が代役をしていました。

DSCF6045.jpg

あと二週間もすれば、山門や鐘楼あたりの紅白の梅が、咲きそろいます。
紅白の梅については、昨年のブログ「四季の花」さんに書かれていました。

なんだか、あっという間に一年が過ぎてしまいました。

    2017.1.12            くまお

追記

DSCF6097_20170111235657841.jpg

DSCF6098_20170111235656360.jpg

DSC_7675.jpg

日が沈むころ、鳶やカラスがねぐらに帰ります。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

春のしらべ
DSC_7660 (2)

          * 田辺市紀南文化会館前の見事な松の枝ぶり

「ウインナー・ワルツ・オーケストラ」の公演があった1月7日(土)は、春の調べを聴くにふさわしい天候でした。

DSC_7619_20170109223144e64.jpg

DSC_7643 (2)

海にも空にも、春のしらべが流れていました。

   2017.1.7              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ウィーン回想
img011sr-nn.jpg
img011シェーブルン

            * ウィーン シェーンブルン宮殿とグロリエッテ


1月7日(土)、紀南文化会館で「ウインナー・ワルツ・オーケストラ」の公演がありました。
前日のめだかの学校で知らせてもらい、鑑賞に出かけました。

img009.jpg

指揮者と25人の楽団員 、4人のダンサーと一人の歌姫の構成でした。
浅はかな私は、最初「ウィーンフィル」の一部の人達と思いました。

演奏された曲には、お馴染みの曲もあり、ダンスと歌もついて、とても快く鑑賞出来ました。
25人の少人数とは思えないボリューム感に溢れ、テンポもよくて、楽しい新春のひとときを過ごしました。
目を閉じて聴くと、ドナウのゆったりした流れ、夏の空に沸き立つ雲の情景が浮かんできました。

そして、かつて二度訪れたウィーンの街が回想されました。

img006_20170108215410e1f.jpg

アルバムをめくれば、一度目は1994年8月の「憧れの北イタリア・ルネサンス紀行漫遊の旅11日間」、
もう一度は、2000年8月の「世界で最も美しい街ブダペストと東欧周遊10日間」でした。

img013鏡の間

夜のオプションで、シェーンブルン宮殿の大広間でのウインナーワルツの演奏会がありました。
ツアーの大部分の人達は、そのオプションに参加しました。
私とクマノミさんは参加せず、シュテファン寺院前広場のカフェテラスでビールを飲んで、ウィーンの夜景を楽しみました。

今にして思えば、シェーンブルン宮殿でのウインナーワルツを聴いておけばよかったという後悔の念しきりです。

    2017.1.7                  くまお

追記

img014クマノミ

* シェーンブルン宮殿のきざはしに佇むクマノミさん



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

酉年のテニス初打ち(2017)
DSCF5943_20170106151550716.jpg

             * ホテルハナヨのチャペルの風見鶏


1月6日(金)、神島フレンズテニスクラブの初打ちがありました。

DSCF5948.jpg

文里のコートに7人が集まりました。

DSCF5964.jpg

隣のコートでは、神島高校のソフトテニス部の生徒さんが練習していました。

DSCF5973.jpg

朝方は薄曇りで冷たくて、もう一つ気分が乗りませんでした。
太陽が昇るにつれて、春のような陽気となりました。

   ほのぼのと春こそ空に来にけらし天の香具山霞たなびく  後鳥羽院

の歌を思わせる本日の空でした。
気象庁出身の方に訊ねると、「本日の雲は高積雲で、通称「羊雲・鯖雲」と呼ばれている。秋の空によく見かける雲である。」  
とのことでした。

「めだかの学校の部屋に射す日差しが、長くなってきたなあ。」とつぶやくと、
「冬至十日経てばアホでもわかる」という諺を、口々に教えてくれました。
私はそのような諺を知りませんでした。

マンションに帰り、「故事ことわざ辞典」で調べてみると、ありました。

「冬至十日たてば阿呆でも知る」、「冬至から藺の節だけ伸びる」と。
冬至を過ぎると、日一日と昼の時間が長くなる。そんなことはばかでも気づくという諺です。

ついでに、関連する季語を歳時記で調べてみました。
冬の季語の部に、「日脚伸びる」があり、
「冬至がすぎると、一日に畳の目一つづつ日脚が伸びると言われるが、それがはっきり感じられるのは、二月になってからであろう。春が近づいたのを感じる。」(角川書店「俳句歳時記」より)と、説明されています。

最近はすべてのことに於いて、季節感が希薄になっていると言われます。
今日の「めだかの学校」は、季節感に満ちていました。

     2017.1.6                   くまお

追記

DSCF5985_201701062130393c7.jpg

1月6日の夕景です。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ぼたん鍋
DSCF5902_20170105213810027.jpg


小人閑居して不善をなす」という言葉があります。
私は善も不善もしておりません。
要するに、飲食以外何もしていないのです。
このことが不善なのかもしれませんが。

1月5日(木)、友人にもらっていた猪肉で、ぼたん鍋をしました。
大きなブロックでしたので、4回分ほどありました。
今回は2回目です。

DSCF5903_201701052138112b9.jpg

脂身は甘みがあって、大変美味しかったです。
酒とみりんに砂糖、濃口醤油、白ワインやビールなどで味付けしました。

DSCF5938.jpg

ボジョレー・ヴィラージュ・ヌーヴォで乾杯しました。
これもいただいた物ですが。
コクのある美味しい赤ワインでした。
食べ過ぎ、飲み過ぎでお腹をこわしそうです。


DSCF5931_201701052138123c8.jpg

本日は寒かったので、バルコニーから鴨たちの観賞です。
「鴨が葱を・・・・・」のカモではありません。

   2017.1.5                 くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新春餅つき大会
DSC_7521.jpg

               明けましておめでとうございます


2017年元旦、東急ハーヴェスト南紀田辺で、恒例の新春餅つき大会が午前10時より催されました。

DSC_7506.jpg

大勢のホテルの宿泊客やマンションの人達が、長い列を作り、餅が搗きあがるを待ちました。

DSC_7490.jpg

着物姿のお嬢さまからの樽酒の振る舞いもありました。

DSC_7485.jpg

子供たちの餅つきコーナーもありました。

DSC_7483餅搗き綾乃

西宮の孫娘は、私よりも早く駆けつけて、何度か搗かせてもらいました。

DSC_7534.jpg

私はマンションのお知り合いの方たちと一緒に、お餅と振る舞い酒をいただきました。

孫娘たちは、二日に西宮に戻りました。
天候に恵まれたので、、寝具等の洗濯や片づけを終えることが出来ました。
風邪も足首の捻挫も治りました。
さあ、浸っていた酒樽から飛び出して、躍動を始めなければ。

   2017.1.3                くまお

panan-9.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新年(2017年)のご挨拶
DSC_3990_20161230174053e6f.jpg

               * 裏磐梯 曽原湖の朝明け


       明けまして おめでとう ございます

         昨年中は大変お世話になりました

          本年もよろしくお願い申し上げます

          2017年 元旦                  くまお


追伸

DSC_7414.jpg

                  * 紀伊山地の朝明け


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi