陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

海鮮パスタ
DSCF6310_201701312130432e8.jpg


1月31日(火)、海鮮パスタを作りました。
ガスエビとタチイカのゲソに、ほうれん草とセロり、シイタケを加えました。
バターで炒め、コーヒークリームを少し入れて仕上げました。
やや薄味でしたが、美味しかったです。
白ワインを飲んで、本日はどこにも出かけませんでした。

現在、隣接するホテルは休館中で、大浴場は使えません。
明日はどこかの温泉に行くつもりです。

DSC_9109.jpg

本日は雲がほとんどなくて、面白い夕景とはなりませんでした。
一月もあっという間に過ぎてしまいました。
2月3日は節分、4日は立春です。

    2017.1.31            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新庄公園の春
DSC_8660.jpg

           * 紅梅の紅のただよふ中に入る  吉野義子


1月26日(木)のお昼前、新庄公園に立ち寄りました。
花②さんが紹介されていた美術館横の紅梅は、満開でした。

DSC_8635.jpg

子供のくにのとんがり帽子は、澄み切った青空に映えていました。

DSC_8654_20170127214428878.jpg

花の坂道を下りて池に行くと、鴨たちが昼寝をしたり、遊び興じたりしていました。
いつもだと、人の気配を感じてガアガア鳴きながら、池の奥へ逃げて行きます。
今日は、のんびりムードに浸っていました。

DSCF6277.jpg

DSCF6288.jpg

池の辺の陽だまりで、気持ち良さそうに昼寝をしている鴨たちです。

DSCF6298.jpg

久しぶりに春の日差しが感じられました。
一週間後は、立春(2月4日)ですね。

    2017.1.26         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

白浜千畳敷の夕陽
DSC_8698.jpg


1月26日(木)の夕刻、白浜千畳敷の夕陽を見に行きました。
本日は雲一つない晴天だったので、ダルマ夕日を期待しました。

DSC_8715.jpg

DSC_8717.jpg

DSC_8718.jpg

DSC_8722.jpg

何とかダルマ夕日となりました。

DSC_8729.jpg

でも、ダルマはすぐに太ってしまいました。

DSC_8738.jpg

そして、あっという間に沈んで行きました。

DSC_8751.jpg

しばらく残照を眺めて、マンションに帰りました。

   2017.1.26             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

テニスコートの残り雪
DSCF6268_20170125225350e3d.jpg


1月25日(水)、文里のコートでテニスがありました。
ベンチの日陰に積もった雪が、テニスが終了しても消え残っていました。
今日の気温が冷たく、少し風も吹いていました。

DSC_8596.jpg

DSC_8592.jpg

天候が回復した田辺湾では、朝から二組のシラス船団が網を入れていました。

DSC_8603.jpg

ヒドリガモ達も何日かぶりに渚近くまできて、遊んでいました。

     2017.1.25              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

雪ふり積もる
DSC_8439.jpg

   * 駒とめて袖うちはらふ陰もなし佐野のわたりの雪の夕暮  藤原定家


1月24日(火)は、昨日に続いて雪が舞いました。

DSC_8254.jpg

神島台の人家の屋根には、昨夜来の雪が降り積もっていました。

DSC_8359.jpg

DSC_8379.jpg

いつものように、マンションの最上階に昇ってみました。
高尾山は雪雲にすっぽり覆われて、全く見えませんでした。

DSC_8410.jpg

部屋にもどり、バルコニ―に出て見ました。
県道沿いの山も、雪が積もっていました。
車はのろのろ運転で、通り過ぎて行きます。

DSC_8304.jpg

白浜アドベンチャー・ワールドの観覧車も真っ白でした。
こんなことは珍しいことです。

DSC_8313_20170125014550680.jpg

そして、天神崎や切目崎も。

午前10時過ぎに、稲成の歯科医院に通いました。
バイバスから市道へ下りるとき、ブレーキを踏むと横滑りしました。
道路脇には大破した車が一台停車していて、パトカーも来ていました。
やっとの思いで、歯科医院へ辿り着きました。

帰りは寄りたいところにも寄らず、超のろのろ運転でマンションに戻りました。
降る雪は午後1時頃やっと止みました。

DSC_8521.jpg

DSC_8537.jpg

本日は趣のある夕景でした。

   2017.1.24            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

「我が衣手に雪は降りつつ」
DSCF6252_20170123220127c63.jpg

     * 君がため春の野に出でて若菜摘む

                   我が衣手に雪は降りつつ  光孝天皇


1月22日(日)、上富田テニスの帰りに、JAアピアに寄りました。
産直の棚に花菜を一つ見つけ、買いました。

DSC_8073.jpg

雪の舞う今日(23日)、花菜はトン汁に入れて春を楽しみました

DSC_8077.jpg

今日は吹雪いたかと思うと、突然晴れ間が見えたりしました。
外出はせず、もっぱらバルコニーでカメラを構えて過ごしました。

DSC_8064.jpg

DSC_8092.jpg

カメラの前を、鳶やヘリコプターが過ぎって行きました。

DSC_8088.jpg

分厚い雪雲から、夕陽が漏れてきました。

DSC_8151.jpg

吹き流れる雪が、まるで霧のようでした。

DSC_8156.jpg

しばし、幻想的な風景となりました。

DSC_8163.jpg

雪は激しくなり、日差しは遮られ、夕月夜の光景となりました。
明日の朝は、このあたりでも雪景色になっているかもしれません。

      2017.1.23                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅の花便り(1)
DSCF6228.jpg

             * 田辺市跡の浦 東光寺の白梅


1月19日(木)、歯医者さんへの帰り道、跡の浦の東光寺さんに立ち寄りました。
鐘楼下の白梅は、ちらほら咲いていました。

DSCF6216_20170119212312ebe.jpg

ここはちょうど陽だまりになっていて、はやく咲きだします。
山門脇の紅梅は、蕾はふくらんできていましたが、まだ開花していません。

DSCF6218_201701192123135a5.jpg

この画像は、フジフィルムのカメラで撮っています。
ニコンのレンズ24~120mmでは、花モードにしても写りはよくありません。
そこで、マイクロレンズの購入を考えていますが、どれがいいか決めかねています。

みなべ梅林は、1月28日(土)に開園します。

   2017.1.19               くまお

追記

  梅の花たが袖ふれしにほひぞと春や昔の月に問はばや  源 道具 

 * この梅の花のゆかしい匂いは、いったいだれの袖が触れたための移り香なのだろうかと、昔、恋人をしのんで男が嘆いたことを知っているはずのあの月に尋ねてみたい。(『和歌の解釈と鑑賞事典』旺文社より)

まだ寒さの続く春の夜は、ロマンチックな夢でも見たいものです。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

紀南の雪も峠を越えて
DSCF6205.jpg

            * 積もった雪に朝陽が輝く龍神の山


1月17日(火)の朝、昨日と同様、マンションの19階に昇ってみました。

DSC_8155.jpg

今日は高尾山に雪は積もっていませんでした。
昨夜は雨となって、木々を潤したようです。
高尾山の奥なる龍神の山(虎が峰?)には、雪が積もり、朝陽に輝いていました。

DSC_8149.jpg

高尾山と槇山の間に見える奥の山にも、薄っすらと雪が積もっていました。
一言で紀南地方といっても、海岸べりと山奥とは、ずいぶん寒暖の差があります。

紀南の雪も峠を越えたようです。
これからは、梅の花便りが届くのを待つばかりです。

   2017.1.17             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

降る雪や・・・・・
DSC_8043.jpg

               * 薄っすらと雪化粧した高尾山


1月16日(月)、昨日に続いて雪が降りました。

DSC_8024.jpg

マンションの最上階に昇ると、雪雲が空を覆っていました。


本日の朝日新聞に、「第33回 朝日俳壇賞」が掲載されていました。

  長谷川 櫂 選

    降る雪や昭和に二つ国ありき   阿部 恭久

俳人中村草田男の句、「降る雪や明治は遠くなりにけり」は教科書にも掲載され、人々に広く知られています。
「その間断ない降雪が時の意識をブランク化してしまい・・・・」と、『俳句の解釈と鑑賞事典』(旺文社)で述べられています。
私も同感です。
久しぶりに降った雪に、少年時代や故郷のことなど、思い出された方もおられたことでしょう。

    2017.1.16          くまお

追記

本日の夕景です。

DSC_8109.jpg

DSC_8125.jpg

DSC_8140.jpg


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

初雪舞う 上富田テニスの初打ち
DSCF6137_20170115215008ec9.jpg

                 * 1月15日の朝明け


1月15日(日)は小正月とも言って、
 

   温泉の里やちらほら梅の小正月  澤井尺予

の句がぴったりの紀南地方です。

DSCF6187_2017011521500957b.jpg

ところが、今日は雪が舞う中での、上富田テニスの初打ちでした。
こんなことは初めてです。

DSCF6189.jpg

しばらくすると、青空がのぞいたりしました。
大雪で苦労している地方のことを考えると、紀南の地は、気候的には棲みやすい土地です。

DSCF6191_20170115215008765.jpg

足のふくらはぎに違和感を感じたので、私はテニスを少し早めに終了しました。
買物をしてマンションに着くと、ちょうど夕陽が沈むところでした。

DSCF6201_20170115220210075.jpg

バルコニーからはいつもの見慣れた夕景でした。

明日も雪がちらつく予報です。

     2017.1.15             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi