FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

天然ウナギの自家製「うな丼」
DSCF7551_20170617231607284.jpg

              * 天然ウナギの自家製「うな丼


6月15日(木)、上富田のテニス仲間に、大きなウナギをいただきました。
前夜、富田川で釣りあげた天然ウナギです。
60cmほどの大きさで、活きのいいウナギを料理するのは大変でした。
わが家の一番大きな「まな板」は、53cmです。
ウナギを斜めに打ち付けても、しっぽはまな板からはみ出しました。

DSCF7525.jpg

何とか頑張って料理しました。
酒とみりんに、砂糖と濃口醤油でタレを作りました。
骨や頭はこんがり焼いてから、タレに入れて出汁にしました。
山椒の実も入れました。

DSCF7534_20170617231606cc7.jpg

四つに切り分けた身は、出来上がったタレを付けて3度焼きました。

二切れだけ、うな丼にしました。
とても美味しかったです。
残りは冷凍しました。
7月25日の「土用の丑の日」にいただくつもりです。

普通は生きたウナギを貰っても、料理できずに持て余すでしょう。
私は子供の時分から、父親が料理しているのを傍で見てきました。

器用な父親は大所帯の家計の助けに、自分で竹の「もんどり」を作り、ウナギ獲りをしていました。
自転車に十数本の「もんどり」を積んで、夕方、隣町の銚子川まで浸けに行ってました。
そして、早朝「もんどり」を上げに行くのです。
夜来の大雨で、「もんどり」をすっかり流されたこともありました。
時には、一貫目(3,75kg)も獲れました。
多く獲れた時は、料理をして売っていたのです。
私は専ら、「もんどり」に入れる餌のミミズ掘りを手伝うだけでした。

うな丼をいただきながら、在りし日の父親を懐かしく思い出しました。

       2017.6.15             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi