FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

大雪山旭岳~黒岳の縦走(第3日目 層雲峡~函館)
DSC_8599.jpg

          * 双瀑台から眺めた層雲峡銀河・流星の滝


7月11日(火)、層雲峡温泉のホテルをチェックアウトして、銀河・流星の滝を観に行きました。
二つの滝が眺められる双瀑台に登りました。
なるほど、銀河・流星の滝を同時に見ることが出来ました。
曇り空でしたので、眺めはもう一つでした。

DSC_8618.jpg

私はさらに上の展望台まで上がってみましたが、双瀑台以上の眺めではありませんでした。

DSC_8613_20170721214642586.jpg

双瀑台から下りて、銀河の滝の遊歩道を歩きました。
真下まで近づけないので、迫力はもう一つでした。

DSC_8641_20170721214643163.jpg

流星の滝は、かなりの水量で見ごたえがありました。

DSC_8646.jpg

流星の滝の看板前で記念撮影して、層雲峡をあとにしました。
実のところ、予定では銀泉台から赤岳の山頂を目指す予定になっていました。
午後から雨の予報だったので、、予定を変更して、函館に向かうことにしました。

層雲峡から函館まで高速道路を走っても、4百キロメートル以上もありました。

DSC_8701.jpg

急きょ予約したホテルは、湯元啄木亭でした。

DSC_8702.jpg

  * 東海の小島の磯の白砂にわれ泣きぬれて蟹とたはむる  啄木

部屋の床の間には、啄木の歌の額が掲げられていました。

夕食後、函館の夜景を観るべく、タクシーで函館山に向かいました。

DSC_8654_20170721223211735.jpg

函館山の山頂は、すでに大勢の観光客で溢れていました。
薄暗い中、外国語が飛び交います。

DSC_8684.jpg

タクシ―の山頂での待ち時間は15分、人垣をかき分け、手すりに登って、シャッターを切りました。

DSC_8680.jpg

空気が澄んでいるせいか、数十年前に見た光景より、鮮やかな夜景でした。
あとで聴けば、観光用に照明が施されているそうです。

DSC_8667.jpg

DSC_8682.jpg

ともあれ、長い距離を走ってきた甲斐がありました。
函館が初めてのFさん 函館の夜景に満足されたようでした。

     2017.7.11            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

大雪山旭岳~黒岳の縦走(第2日目 御鉢平~黒岳・層雲峡温泉)
DSC_8501.jpg

             *  雲ノ平一面に広がるお花畑


7月10日(月)、御鉢平展望台で休憩した後、黒岳を目指して出発しました。

DSC_8476.jpg

DSC_8479.jpg

黒岳雲ノ平までの間に、緩やかな雪渓がまた現れました。
ここはアイゼンを付けずに下りました。

DSC_8481.jpg

その先はいよいよ、雲ノ平お花畑です。

DSC_8485.jpg

DSC_8483.jpg

チングルマやエゾツガザクラが、縦走の疲れを癒してくれました。

DSC_8492.jpg

DSC_8494.jpg

雲ノ平お花畑の散策で、これまでの疲れが消えて行きます。

DSC_8508.jpg

雪が解けたところから、雪の下で眠っていた草花が開花をし始めるのです。

DSC_8488.jpg

エゾコザクラの花も見つけました。

DSC_8541黒岳

午後3時40分、黒岳(1,984m)の山頂に到達しました。
旭岳~黒岳の縦走の目的を果たせた瞬間です。

DSC_8536.jpg

来し方を振り返れば、大雪山系の山々と連なる尾根に心を奪われました。

黒岳の下りにも雪渓があると聞き、Fさんはリフトの時間を心配して、先行してくれました。

DSC_8550.jpg

DSC_8558.jpg

黒岳を下り始めるや、斜面は雲ノ平とは違った趣のお花畑でした。

DSC_8564.jpg

DSC_8566_20170721080724cce.jpg

DSC_8565.jpg

黒岳のシンボル招き岩が、「よく歩いてきたな」と、私達を手招きしてくれました。

DSC_8561.jpg

ウコンウツギの群落も見られました。

DSC_8547.jpg

カラマツソウかな?

DSC_8554.jpg

チシマノキンバイソウ?

DSC_8576.jpg

北面の下りには、いくつもの雪渓が残っていて、時間を要しました。
黒岳7合目のリフト乗り場に着くと、シマリスがお出迎えです。
時刻は午後5時を過ぎていました。

DSC_8584.jpg

先行していたFさんたちが停めてくれていたリフトに乗って、ロープウェイ乗り場へ向かいました。
リフトの途中で雨が降って来ました。
午後5時40分発のロープウェイで、層雲峡温泉まで下りました。

DSC_8595.jpg

層雲峡温泉に着くと、時刻は午後6時でした。
その夜は身体が火照り、疲れで熟睡できませんでした。
Yさんの万歩計によると、この日の歩行は4万歩でした。

    2017.7.10               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi