陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

白浜アドベンチャーワールド
DSC_4181.jpg

               * 好物の笹竹をかじるパンダ


11月4日(土)~12日(日)、沖縄の娘と孫たちがやって来ました。
年長の孫は小学1年生なので、学校を休んできました。
年下の孫は3才なので、航空運賃やアドベンチャーワールドの入場は無料です。
「来るのは今です」と、「アドベンチャーワールドの学習」に来たわけです。

DSC_3977カートモザイク

シニアカートは二人で120才以上でないと借りられないとのことで、私は一日だけ付き合いました。

DSC_3971.jpg

まず、サファリーパークをカートで一回りしました。

DSC_3990_20171115214309cf1.jpg

キリンの餌やりです。舌がザラザラしていたそうです。

DSC_4012ライオン餌やり

DSC_4013.jpg

怖いライオンの餌やりもしました。

DSC_4018.jpg

DSC_4017.jpg

サファリーパークを一回りした後、ドルフィンコースターに乗りました。
カーブで脱線しそうで、私は怖かったです。

DSC_4045_20171115214119ba9.jpg

DSC_4041.jpg

ビッグオーシャンでのイルカショウを見学。

DSC_4037.jpg

オルカがいなくなって久しいのですが、ゴンドウクジラが頑張っていました。

DSC_4052.jpg

イルカの餌やりもしました。

DSC_4078.jpg

ふれあいの里で、コツメカワウソ君との記念撮影です。
「こっちむいて・・・・・!」

DSC_4108.jpg

DSC_4122_20171116103455a42.jpg

ふれあい広場では餌やりを見学しました。

DSC_4097_20171115214117f1e.jpg

華麗なフラミンゴの池です。

DSC_4131_20171115214309faf.jpg

ミニアキャットちゃん。

DSC_4134_20171115213929261.jpg

海獣館の白熊の餌とりダイビングは、凄い迫力でした。

DSC_4152_20171115213927665.jpg
DSC_4143_20171115213928ef5.jpg

可愛いペンギンちゃんと。

DSC_4178_2017111521392754f.jpg

パンダの結浜(ゆいひん)はお昼寝中。

DSC_4185.jpg

おかあさんパンダの良浜(りょうひん)は食事をしたあと、

DSC_4187_201711152310277e2.jpg

水をしばらく飲んでいましたが、

DSC_4192.jpg

DSC_4193_2017111521392996f.jpg

見物客の前で、気持ち良さそうに眠ってしまいました。
娘たちは夏休みにも二週間ほどこちらに滞在したのですが、混雑を嫌ってアドベンチャーワールドには行きませんでした。
今回は平日でしたので、ゆっくり見学することが出来ました。
年間パスポートを購入して、3回行ってました。
またいつかやって来るそうですよ。

     2017.11.16           くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

蒜山・大山・足立美術館・松江堀川めぐり
DSC_4513.jpg

             * 松江城堀川めぐりの屋形船


11月7.8日、「蒜山大山足立美術館・松江堀川めぐり」のバス旅行に参加しました。
主催は西牟婁退職教育互助会です。
参加者は68名で、バス二台に分乗しました。

DSC_4225.jpg

午前6時半、田辺を出発し、蒜山高原センターで昼食となりました。

DSC_4224.jpg

3年前に蒜山・奥大山の国民休暇村にそれぞれ2泊して、この辺りを走り回った記憶が蘇って来ました。

DSC_4218.jpg

大山には雲が掛かっていて、残念ながら見えませんでした。

DSC_4233.jpg

今回の旅で、最も期待していた鍵掛峠からの大山の紅葉は、既に終わっていました。
しかも、駐車場は満杯で、バスの駐車スペースがなくて、やむを得ず、通りすぎるだけでしした。

DSC_4236.jpg

足立美術館の見学は、たっぷり2時間ありました。

DSC_4329.jpg

まず、2003年から14年連続「庭園日本一」に輝く庭園の見学をしました。

DSC_4247.jpg

DSC_4256.jpg

DSC_4240.jpg

DSC_4250_20171110212742af3.jpg

DSC_4264.jpg

DSC_4284_20171110213128794.jpg

DSC_4347.jpg

DSC_4307.jpg

DSC_4275.jpg

DSC_4260.jpg

裏山を借景にした庭園は見事でした。

DSC_4375.jpg

横山大観を中心とする近代日本画を二度まで鑑賞しました。
その夜は米子の皆生温泉に宿泊しました。

DSC_4408.jpg

皆生温泉は「海池」から来ていて、埋め立て地に温泉場が造られたそうです。

DSC_4493_201711102124464d5.jpg

翌8日(水)は、松江城堀川めぐりをしました。

DSC_4409.jpg

6艘の遊覧船に分乗して、出発しました。

DSC_4413.jpg

DSC_4419.jpg

DSC_4422.jpg

DSC_4440.jpg

いくつかの橋の下を潜って、屋形船は進んで行きます。
3か所ほど、屋形船の屋根を低くしないと、潜れない橋がありました。
それも堀川めぐりの楽しみの一つでした。

DSC_4460.jpg

国宝の松江城を遠くに眺めての遊覧でした。

DSC_4534.jpg

遊覧船での堀川めぐりの後、松江の屋敷町の散策となりました。
小泉八雲記念館に入館し、ビデオ鑑賞もしました。
小学生たちも現地学習で訪れていました。

DSC_4500_2017111208465416b.jpg

DSC_4503.jpg

DSC_4527.jpg

しばし、堀端を散策しました。

DSC_4540.jpg

自由行動の締めに、地ビールを一杯ひっかけて、バスに乗りました。
素敵な紅葉の景色には出会えませんでしたが、ガイドさんの巧みな話術に大笑いして、二日間の楽しいバス旅行を終えました。

    2017.11.8            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

松茸ごはん
DSCF8450_20171105223601047.jpg


先日、とても立派な松茸をいただきました。
近郷で採れた香りの良い松茸でした。
今年は不作で、大層な値段であることが新聞報道されていました。

日頃お世話になっている登山部の顧問F先生をお招きして、松茸ごはんをいただくことにしました。

DSCF8459_2017110522360062d.jpg

昆布とかつおだしに、醤油・酒・塩で味付けしました。
水加減も良くて、とても美味しく炊き上がりました。
秋の味覚は、松茸ごはんが一番ですね。
ご馳走様でした。

    2017.11.1            くまお

追記

しばらくブログを留守にします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

秋の護摩壇山ハイキング
DSC_3899.jpg

              * 護摩壇山よりタワーを望む


10月31日(火)、高退協第4支部のみなさんと、秋の護摩壇山ハイキングに行きました。
午前9時、12名が3台の車に分乗して出発。

DSC_3853.jpg

DSC_3849.jpg

途中のビューポイントで休憩。

DSC_3901.jpg

DSC_3859_2017110513005909b.jpg

森林公園入口に駐車して、護摩壇山(1,372m)山頂を目指す。

DSC_3861.jpg

午前11時10分、山頂に到着。
さらに、龍神岳(1,382m)へ向かう。

DSC_3868.jpg

20分ほど尾根道を辿ると、山頂に着く。

DSC_3878_20171105130059adc.jpg

ここが和歌山県の最高峰です。

DSC_3881.jpg

しばらく休憩して、来た道を引き返す。

DSC_3889_20171105122523870.jpg

現地学習の小学生の一行に出会う。
ガイドさんの説明を、熱心にメモしていました。

DSC_3893.jpg

満天星つつじの紅葉が目につく。

DSC_3908.jpg

駐車場に戻り、車で森林公園の休憩所へ向かう。
休憩所で、注文していたお弁当をいただく。

DSC_3912.jpg

あとからやって来た小学生たちが、広場で元気よく遊んでいました。
その後、龍神温泉季楽里で入浴して、帰途に着く。
護摩壇山の紅葉はもう一つでしたが、天気に恵まれて、心身ともにリフレッシュした一日でした。

     2017.10.31             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi