FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

スペインアンダルシア地方とポルトガルの旅(6)
s-DSC_0012.jpg

          * バターリャの「勝利の聖母マリア修道院


4月26日(5日目)、バターリャのマリア修道院を見学しました。

s-DSC_0016.jpg

12世紀の初頭のスペインからのポルトガル独立のシンボルとなっているそうです。

s-DSC_0031.jpg

s-DSC_0025.jpg

ステンドグラスを通して差し込む朝のひかりが、とても美しかった。
1388年に始まった修道院建設は、16世紀初頭まで続けられ、その間7名の国王が即位したそうです。

s-DSC_0037.jpg

s-DSC_0040.jpg

回廊は「王の回廊」ともいわれ、

s-DSC_0050.jpg

s-DSC_0053.jpg

中庭の眺めも素敵でした。

s-DSC_0075.jpg

s-DSC_0068.jpg

珍しくドームのない「未完の礼拝堂」もありました。


s-DSC_0097.jpg

バターリャから大西洋に面したナザレに行きました。

s-DSC_0131.jpg

広い砂浜が観光客を呼んでいるようでした。

s-DSC_0135.jpg

昼食のメインディッシュはイワシの塩焼きとジャガイモでした。
最初から分かっていたことですが、イワシの塩焼きにはさすがにがっかりしました。
イワシはポルトガルの名物だと自分に言い聞かせて、きれいに食べました。

s-DSC_0146.jpg

s-DSC_0144.jpg

天気に恵まれたので、それなりにいい気分になりました。


s-DSC_0224.jpg

ナザレからオビドスの散策に向かいました。
オビドスリスボンに近く、海岸にも近い高地にあります。

s-DSC_0155.jpg

s-DSC_0161.jpg

わずか1時間の自由行動のため、私は急ぎ足で城壁めぐりをしました。

s-DSC_0166.jpg

s-DSC_0172.jpg

s-DSC_0178.jpg

s-DSC_0194.jpg

城壁の通路はかなり狭くて、壁を伝いながら歩む人もいました。
城壁の半分だけ辿ることができました。


s-DSC_0233.jpg

オビドスから首都のリスボンに入り、マリオットホテルで一時休憩した後、

s-DSC_0243.jpg

s-DSC_0246.jpg

ホテル近くのクラブで、夕食付きのファド(ポルトガルの民族音楽)を鑑賞しました。

s-DSC_0255.jpg

ここでもCDを一枚買って、ほろ酔い機嫌でホテルに帰りました。

      2018.4.26              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スペインアンダルシア地方とポルトガルの旅(5)
s-DSC_9924.jpg

 * ヨーロッパで最も古い大学の一つであるコインブラ大学の広々とした校庭


4月25日、サンタ・クルス修道院を見学したのち、丘の上に建つコインブラ大学に赴きました。

s-DSC_9913.jpg

キャンパスには、スーツやマントをまとった学生さんたちが、大勢集まっていました。
卒業式かなと思いましたが、そうではなくて、学業を終えた学生が記念撮影のために集まってきたそうです。

s-DSC_9916.jpg

集合写真を撮ったり、マントを投げて、学業を終えた喜びを分かち合っておりました。
卒業式は6月にあるそうです。
コインブラ大学は700年の歴史がある、二つしかない国立大学の一つです。

s-DSC_9921.jpg

学位などの授与式が行われる講堂は、とても立派なものでした。

s-DSC_9926.jpg

学窓からは大学の街コインブラが全望されました。

s-DSC_9955_01.jpg

コインブラ大学ジョアニア図書館は、旧大学にある図書館で世界一、二を争う豪華さと言われています。

s-DSC_9947.jpg

館内の撮影は禁止されていましたので、内部の豪華さをこのレリーフで想像してください。

s-DSC_9970_01.jpg

学内探訪を終えて、丘の下の街に下る途中、ファドの演奏を聴きました。
私はCDを一枚買いました。

s-DSC_9973_01.jpg

街ではコインブラ大学の学生たちが、にぎやかにパフォーマンスをしていました。

s-DSC_9979.jpg

s-DSC_9986.jpg

いかにも楽しそうな演技に、私たちもしばし、楽しみの中に加わり、旅情を味わいました。

s-DSC_9996.jpg

コインブラ市内のホテルに落ち着き、窓外を眺めると、丘の上に建つ大学の上に、学帽のような白い雲がかかっていました。

      2018.4.25              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スペインアンダルシア地方とポルトガルの旅(4)
s-DSC_9809.jpg

                 * 運河の街 アヴェイロ

4月25日(4日目)は、アズレージョ(装飾タイル)と運河の街、アヴェイロを散策しました。

s-DSC_9783.jpg

s-DSC_9780.jpg

アヴェイロの古い駅舎が、新駅舎ができた今でも保存されています。

s-DSC_9798.jpg

s-DSC_9804.jpg

アヴェイロの街の中央を運河が流れており、観光船が行き来しておりました。

s-DSC_9818_201806030938574c3.jpg

s-DSC_9820_201806030938570d7.jpg

建物や道路はアズレージョで装飾されているきれいな街でした。

s-DSC_9817_201806030938564c9.jpg

折りしも、市民マラソンが開催されていて、ランナーに「がんばれ!」の声援と拍手を送りました。


s-DSC_9826.jpg

昼食後、リスボン、ポルトに次ぐ第3の都市コインブラを訪ね、街を散策しました。

s-DSC_9834.jpg

s-DSC_9836.jpg

s-DSC_9844.jpg

元祖金平糖をお土産にたくさん買った人もいました。

s-DSC_9855.jpg

次いで、1131年に創建されたというサンタ・クルス修道院を見学しました。

s-DSC_8116.jpg

s-DSC_9872_201806031126220c9.jpg

マヌエル様式の傑作とされる「静寂の回廊」は必見とありましたが、この回廊だったかな?

s-DSC_9858.jpg

この修道院の内部も、アズレージョで装飾されていました。

      2018.4.25              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スペインアンダルシア地方とポルトガルの旅(3)
s-DSC_8664.jpg

   * ヴィアナ・ド・カステロのサンタ・ルジア山頂に建つサンタ・ルジア教会


4月24日(三日目)の午後のギマランイス観光は、時間の関係で、取りやめにしました。

s-DSC_9504.jpg

s-DSC_9522.jpg

その代わり、宿泊地のヴィアナ・ド・カステロ近くの街の教会を見学しました。

s-DSC_9547.jpg

教会内のアズレージョはとても美しく、静かな佇まいでした。

s-DSC_9528.jpg
s-DSC_9530.jpg

教会内の椅子に腰をおろし、旅の疲れを癒しました。

s-DSC_9581.jpg

サンタ・ルジア山頂には、パリのモンマルトルの丘のサクレクール寺院のような、瀟洒なサンタ・ルジア教会が建っていました。

s-DSC_9772.jpg

その夜は、サンタ・ルジア山頂にあるポウサダ・デ・ヴィアナ・ド・カステロに宿泊しました。

s-DSC_8639.jpg

ホテルから眺めた、夜のサンタ・ルジア教会です。

s-DSC_8636.jpg

リマ川河口の街の夜景です。
ホテルの夕食は、全くいただけませんでしたが、
ホテルからの眺めは最高でした。

      2018.4.24             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi