FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ポーランド紀行10(クラクフから再びワルシャワへ)完
s-DSC_1636.jpg

               * 早朝の クラクフ ヴァヴェル城
 

6月11日(月)の早朝、カメラスポットと聞いて、ホテルからヴィスワ川の岸辺に出かけてみました。
昨日訪れた対岸のヴァヴェル城が、川面に写っていました。

s-DSC_1637.jpg

s-DSC_1632.jpg

岸辺を犬を連れて散歩する人、ジョギングする人と出会いました。
その後、ヴィエリチカ岩塩坑を見学しました。(前回)

s-DSC_1787.jpg

ヴィエリチカからクラクフに戻り、クラクフ駅からワルシャワまで列車で移動しました。

s-DSC_1792.jpg

再び、ワルシャワの王宮広場にやってきて、広場近くのレストランで夕食となりました。

s-DSC_1799.jpg

レストラン「ホノラトカ」は、ショパンがよく通ったことでも有名です。

s-DSC_1801.jpg

ワルシャワといえば、ショパンです。

s-DSC_1802.jpg

さすがに感じの良いレストランでした。

s-DSC_1803.jpg

前菜、

s-DSC_1820.jpg

そして、メインディッシュです。
ポーランドの食事には、必ずジャガイモが付いてきます。

s-DSC_1835.jpg

夕食後、ショパンコンサートを聴きました。

s-DSC_1846.jpg

20分ほどショパンの曲を弾いてくれました。

s-DSC_1849.jpg

午後9時半を過ぎると、ようやく日が暮れます。

s-DSC_1853.jpg

ワルシャワの夜との別れを惜しみながら、ホテルに戻りました。

s-DSC_1855.jpg

帰途も、ワルシャワードバイー関空と、窮屈な空の旅をしながら、ポーランド旅行を終えました。

    2018.6.13               くまお

追記

ほとんどの説明文は、徹底ガイド「バルト三国・ポーランド」やパンフレットを参照したものです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ポーランド紀行9(ヴィエリチカ岩塩坑)
s-DSC_1670.jpg

       * 大勢の見学者でにぎわう 世界遺産ヴィエリチカ岩塩坑


6月11日(月)、クラクフから15㎞ほど離れたヴィエリチカの岩塩坑を見学しました。

s-DSC_1767.jpg

1996年に閉鎖されるまで700年にも及び、採掘が続けられました。
ヴィエリチカの地下は、全長300㎞以上といわれる巨大な岩塩採掘場でした。

s-DSC_1689.jpg

全体の100分の1ほどの約2.5kmの坑道を歩いて、観て回りました。

s-DSC_1690.jpg

s-DSC_1699.jpg

当時の働く人たちや馬、器具などの様子が、模型で再現されていました。

s-DSC_1704.jpg

坑内は肌寒いほどの温度でした。

s-DSC_1718.jpg

深さ101.4mの場所にある「聖キンガ礼拝堂」です。1963年に完成するまで、70年の時間を要したそうです。
シャンデリア、聖像、絵画まで、すべてが岩塩でつくられた地下礼拝堂です。

s-DSC_1723.jpg

堂内にある岩塩レリーフの「最後の晩餐」です。

s-DSC_1729.jpg

s-DSC_1734.jpg

ローマ法王 ヨハネ=パウロ2世の像などもありました。

s-DSC_1737.jpg

地下深くには塩湖もありました。

s-DSC_1740_20180710161854ae8.jpg

最も天井の高い場所です。
暗い坑内から、エレベーターで地上に上がりました。

s-DSC_1755.jpg

地上の空は明るく晴れていました。

s-DSC_1763.jpg

集合時間を待つ間、陽気なイタリアの人たちと記念撮影しました。

ヴィエリチカ岩塩坑のような世界遺産は、まさに「百聞は一見に如かず」です。

      2018.6.11               くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi