FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

北アルプス「雲の平縦走」の記(その5) 完
s-DSCF2271.jpg

              * 太郎平から眺めた雲海の夕景


7月18日(水)、太郎平小屋に予定より早く着いたので、太郎平の散策をする。

s-DSCF2240.jpg

s-DSCF2238.jpg

太郎平は、広々とした素敵なお花畑だった。
コバイケイソウやニッコウキスゲが咲き競っていた。

s-DSCF2243.jpg

夕食は5時から。
赤ワインを飲む。
夕食後、再び太郎平を散策する。

s-DSCF2248.jpg

s-DSCF2246.jpg

チングルマの綿毛は可愛い。

s-DSCF2256.jpg

もちろん、花も可愛い。

s-DSCF2257.jpg

コバイケイソウをアップにしてみる。
とても存在感のある花だ。

s-DSCF2264.jpg

太郎平を明るく照らしていた夕日が、ようやく沈もうとする。

s-DSCF2268.jpg

遠くの山並みに雲海が広がる。

s-DSCF2280.jpg

7月19日(木)、夜が明けて、午前5時に朝食。
ご飯をしっかり食べる。

s-DSCF2287.jpg

薬師岳の稜線に、遅めの朝日が昇る。

s-DSCF2277.jpg

太郎平小屋に別れを告げ、

s-DSCF2288.jpg

午前6時に出発する。
本日の行程は、太郎平(2,333m)から折立(1,350m)への8㎞の下り路だ。

s-DSCF2292.jpg

朝日を浴びて、チングルマの綿毛が眩しい。

s-DSCF2293_20180728141747eac.jpg

右手奥に、劒岳(2,999m)や立山連峰が見えてくる。
先輩たちの話では、劒岳は登るのがとても難しいそうだ。

s-DSCF2294.jpg

左手の彼方には、乗鞍岳(3,026m)。

s-DSCF2301.jpg

標高差約1,000mを4時間半かけて下る。

s-DSCF2304.jpg

午前10時30分ごろ、折立の駐車場に着いた。

その夜は、あわら温泉に宿泊し、翌日20日(金)の午後2時ころ、マンションに帰り着いた。
5泊6日の山旅は、天候に恵まれて、無事終わりました。

    2018.7.20                   くまお

追記

Fリーダーには登山計画から山小屋等への諸連絡、当日の登山ガイド、会計まですべてやっていただきました。
大変お世話になり、本当にありがとうございました。厚く御礼申し上げます。
また、同行してくださった山の大先輩Hさん・Y夫人に御礼申し上げます。
いろいろとお心遣いくださり、ありがとうございました。
二度と行けないだろうあんな秘境を、素人の私が訪ねることができ、大変満足しております。
ありがとうございました。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

北アルプス「雲の平縦走」の記(その4)
s-DSCF2146.jpg

         * 雲の平山荘から眺めた水晶岳(2,986m)の夕焼け


7月17日(火)午後2時20分、ようやく雲の平山荘に到着した。

s-DSCF2143.jpg

雲の平は日本の秘境と言われていて、簡単にはたどり着けない。
電源はソーラーだけ、水は雨水、冷蔵庫もない不便な場所である。
山小屋で買った缶ビールを、わざわざ雪渓で冷やして飲んだ次第である。

s-DSCF2144.jpg

笠ヶ岳の奥に湧き出る入道雲は、カメラスポットでもあるようだ。

s-DSCF2159.jpg

午後7時過ぎの夕焼け。

s-DSCF2157.jpg  

燃えるような、壮大な夕焼けだった。

午前2時、小屋の天窓から見た夜空の星は、とてもきれいだった。
久しぶりに、鮮明なオリオン座・天の川を眺めた。

s-DSCF2169.jpg

翌18日(水)、午前6時前に出発、その日宿泊する山小屋、太郎平小屋を目指す。

s-DSCF2183_201807280910417a1.jpg

雲の平には、朝露を浴びて蘇ったようなチングルマ、

s-DSCF2184_2018072714501387a.jpg

ハクサンイチゲ、

s-DSCF2190.jpg

イワカガミなどが群生している。

s-DSCF2186.jpg

s-DSCF2188.jpg

天気に恵まれ、予定を変更することもなくなった。
ゆったりした気分で、記念撮影をする。

s-DSCF2192.jpg

右手遠方に薬師岳(2,926m)を眺めながら、雲の平を通過し、きつい薬師沢を下る。

s-DSCF2197.jpg

s-DSCF2202.jpg

吊橋を渡ると、薬師沢小屋があった。
薬師沢小屋で、無料の美味しい水を飲む。

s-DSCF2208.jpg

s-DSCF2210.jpg

ニッコウキスゲやワタスゲが群生している。

s-DSCF2211.jpg

大きな葉のキヌガサソウだ。

s-DSCF2214_20180727142927f61.jpg

薬師岳が間近になってきた。

s-DSCF2220.jpg

s-DSCF2223.jpg

お花畑の向こうに宿泊地、太郎平小屋が見えてきた。

s-DSCF2229.jpg

午後1時40分、太郎平小屋に到着。
記念撮影をして、

s-DSCF2230.jpg

良く冷えた生ビールで乾杯した。

    2018.7.18            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi