FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ミニタイフーン やっと去る
s-DSC_2429.jpg

                 * 雨に煙る那智の滝


8月20日(月)・21日(火)、沖縄から帰省していた娘と孫二人を伴って、ふるさと尾鷲を訪ねました。

s-DSC_2386.jpg

途中、熊野の「さぎりの里」で休憩。
尾鷲には、午前10時過ぎに到着。
姉や兄夫婦・姪と昼食を共にしました。
その後、もう一人の兄や友人を訪ねて、尾鷲をあとにしました。
その夜の宿泊は、那智勝浦のホテルを予約していました。

尾鷲から熊野へは、高速道路が完成して、ずいぶん時間が短縮されました。

s-DSC_2395.jpg

s-DSC_2388.jpg

熊野市の名勝、「獅子巌」で休憩。

s-DSC_2393.jpg

台風19・20号の影響で、七里ヶ浜に大波が打ち寄せていました。

s-DSC_2401.jpg

宿泊したホテルは、「サンライズ勝浦」でした。
到着して分かったことですが、ホテルは元県共済組合宿舎の「サンかつうら」でした。
一昨年、休業するということで、高退協第四支部で忘年会を催した宿です。
現在は個人経営になっていました。
懐かしさと共に、移り行く世の中を感じました。

s-DSC_2407.jpg

翌日は「那智の滝」を参拝しました。
二人の孫に世界遺産の滝を見せてやろうと、訪れました。

s-DSC_2425.jpg

那智の滝」に着くや、大雨となりました。
私は雨に煙る滝を観たのは初めてで、133mの大滝は、とても見ごたえがありました。

s-DSC_2440.jpg

            * 神にませばまこと美はし那智の滝  誓子

s-DSC_2476.jpg

那智の滝」から、古座川の「一枚岩」に行きました。

s-DSC_2446.jpg

この5月に、娘と孫がキャンプをしたところです。

s-DSC_2466.jpg

レストハウスで昼食をして、「一枚岩」からすさみの三尾川へまわり、マンションへ帰りました。

23日(木)には、台風20号の襲来がありました。
翌24日、JRきのくに線が不通となり、娘と孫は帰るにかえれず、
25日になって、やっと沖縄に帰りました。
8月5日から21日間の長い帰省でした。
「ミニタイフーンやっと去る」です。
「来てうれし、帰ってうれし・・・・・」と世間で言われますが、まさにその通りでした。

    2018.8.28                くまお

追記

8月23日(木)の朝の虹です。

s-DSC_2490.jpg
s-DSC_2493.jpg


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夏の花(サルスベリ・タカサゴユリ)
s-DSC_2306.jpg

       * 夏の暑い日差しの下、咲き続けるサルスベリの花


8月10日(金)の午後は、ビッグ・ユーで「めだかの学校」がありました。
新庄公園からビッグ・ユーへの道沿いに、サルスベリの花が咲いていました。

ご存知のように、サルスベリ(百日紅)は、暑い夏の日を咲き続ける花です。

s-DSC_2313.jpg

お寺の境内にはよく植栽されていて、あのすべすべした肌触りは、子供心にも、他の樹木とは違った宗教的な感じがしたものでした。

s-DSC_2295.jpg

8月も半ば、「秋来ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞ驚かれぬる」と歌われているように、時には爽やかな風を感じるころとなりました。

s-DSC_2294_20180814154736c37.jpg

タカサゴユリも暑い夏の日差しを浴びて、ここかしこに咲いています。

s-DSC_2290.jpg

よく見ると、日蔭に咲くユリには、やや涼しさを感じることもあります。

s-DSC_2321_20180814154433fb1.jpg

ともあれ、午後の新庄公園で遊ぶ子供たちの姿は、あまり見かけません。
熱中症に気をつけなさいと、喧伝されているからでしょうか。

       2108.8.14               くまお

追記1

s-DSC_2353.jpg

8月11日(土)の田辺湾の夕景です。

追記2

s-DSC_2376.jpg

8月14日(火)の田辺湾の夕景です。

追記3

s-DSC_2367_01.jpg

s-DSC_2370_01.jpg

8月14日(火)の夕景です。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi