FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

白浜平草原公園のあじさい
DSC_8257.jpg

                * 額あじさいと殿様バッタ


6月25日(火)は、よく晴れた。

DSC_8266.jpg

午前中、白浜のHさんを誘って、平草原公園に行った。

DSC_8201.jpg

睡蓮池では、大きな葉の合間に、小さなピンクの花が目覚めている。
スイレンは、夕方には眠りに就くそうだ。
池をめぐると、「ポチャン」という、カエルが飛び込む水音。

DSC_8237.jpg

梅雨入りはまだで、あじさい谷は生気がない。

DSC_8251.jpg

Hさんに、あじさい谷に色を添えてもらう。

IMG_20190625_110155.jpg

IMG_20190625_110500.jpg


心カテ検査入院後、少し元気を取り戻したくまお。

DSC_8236.jpg

その後、トリムコースを歩む。

DSC_8223.jpg

DSC_8230.jpg

ささゆりがひっそりと咲いていた。

DSC_8264.jpg

木陰には、夾竹桃の白い花。
夾竹桃には、暑苦しいイメージがあるが、咲く場所によっては、上品に見える。

DSC_8213.jpg

あじさいの花にとって、一雨欲しいところである。

      2019.6.25            くまお

追記

しばらくブログを留守にします。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

麦わらイサギ釣り
DSCF3620_20190621153549e5b.jpg

* 田辺湾の朝明け


6月20日(木)、今季初めてのイサギ釣りに出かけた。

DSCF3605_20190621152512a64.jpg

お世話になったのは、いつもの「みふじ丸」さん。
田辺市元町の目良港から、午前4時50分に出港。

DSCF3607.jpg

風も波もない、とても穏やかな海だった。

DSCF3627.jpg

5時過ぎには、高尾山の左手より朝日が昇ってきた。
空は薄桃色だ。

DSCF3642.jpg

釣り場は、南部沖
遠くには南部の鹿島が。

DSCF3637_20190621152511eec.jpg

最初のポイントは、一度錨を打ち直しただけで、コンスタントに釣れた。

DSCF3640_201906211525118d6.jpg

魚探を駆使して。ポイントに船を据えてくれる。
その後、ポイントを2か所移して、釣果を増やしていった。

DSCF3647_20190621152557438.jpg

同行のHさんも大型をゲット。

午前11時に納竿した。

DSCF3654_20190621152556d4d.jpg

本日の釣果は、二人でイサギ82尾、平ソマ2尾、ソマ1尾、ゴマサバ1尾だった。
イサギの型はよくて、とても満足のゆく釣りだった。
今が旬の麦わらイサギ

船頭さんは釣った魚をとても丁寧に扱ってくれるので、どの魚も刺身が美味しい。
スーパーでは買えない鮮魚である。
もう一度釣りに行きたいが、結構体力がいるので、どうなることか?

      2019.6.20              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

くちなしの花盛り
DSC_8169.jpg

                * くちなしの花とベンチ


くちなしの花が、いよよ盛りとなった。

DSC_8173.jpg

ベンチに腰かける人をあまり見かけない。

DSC_8131.jpg

DSC_8130.jpg

昨夜の雨が宿っている。

DSC_8143_201906152210334d5.jpg

名もない蝶も引き立て役。

DSC_8183.jpg

あじさいと同様、くちなしは雨に似合う花だ。

DSC_8179.jpg

夜の花は、まるでピンクのバラのようだ。

DSC_8185.jpg

香りが道路まで漂ってくる。

DSC_8134.jpg

       * 今朝咲きしくちなしの又白きこと  星野 立子

徒長した枝の一輪を失敬して、部屋に挿すと、部屋は芳しい香りに満たされた。

     2019.6.15           くまお

追記

2泊3日の心カテ検査の結果は、「心臓左冠動脈に狭い箇所あるも、手術の必要なし」でした。
ご心配いただきありがとうございました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

梅ブランデー酒・梅ジュースを造る
DSCF9466_20190611000653e56.jpg

 * 2019年 梅ブランデー酒



友人が今年も梅を届けてくれた。
梅1kgに氷砂糖800g、ブランデー酒1.8ℓで漬けた。

DSCF9471.jpg,

昨年度漬けた梅が、ほとんどつけた時のままだったので、ブランデー酒は飲んで、新たに1kgの梅と氷砂糖900g、ブランデー酒1.8ℓを足してみた。
物は試しで、どうなるか?

DSCF9468.jpg

梅ジュースを造るため、梅2kg、氷砂糖2kg、酢を少々加えた。

先日、冷凍していた昨年の梅を、梅ブランデー酒梅ジュースにしてみた。
一年間冷凍していたためか、すぐに梅のエキスが染み出した。
これも物は試しで、どうなることやら。
それにしても、梅は重宝なものだ。
梅干しは、福井の親戚からいただくので、もっぱらジュースや酒を造っている。

        2019.6.10             くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

くちなしの花
DSC_8062.jpg

          * プロムナードに芳香を漂わせているくちなしの花


朝の散歩でくちなしの花を見つけた。

DSC_8073_20190609215759ecb.jpg

マンションのプロムナードに、くちなしの花が咲きだした。

DSC_8103_20190609220906e3f.jpg

朝日を浴びた花。雨に濡れた花、夜の街頭に下に芳香を放つ花など、どれもいいものだ。
これからしばらく、くちなしの花と香りを楽しめる。

DSC_8107.jpg

これは何だろう?
芸術的な形をしている。

DSC_8105.jpg

もうお判りでしょうか。

DSC_8111.jpg

ソテツの若葉である。
朝の散歩はいいものだ。

       2019.6.9          くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夏の花(夾竹桃・デイゴ・つつじ)
DSC_7974.jpg

                  * 跡の浦湾風景


最近、朝の散歩を始めた。

DSC_7966.jpg

海岸沿いに植栽された夾竹桃が、咲き始めていた。

DSC_7958_20190606115057960.jpg

白花に続いて、黄色や赤紫の花が咲く。
そして、暑い夏を咲き続ける。

アメリカデイゴもガーデンのあちこちに。

DSC_7978.jpg

咲いては落ちて、夏の間に2回は花を着けるようだ。
沖縄では、デイゴがよく咲くときは、台風が多いと言われている?

DSC_7941.jpg

芝生の上の落花で、デイゴの花に気づくことが多い。

DSC_7972.jpg

散歩は、坂道のあるコースを3回ほど辿っている。

上富田町生馬の観音寺(さつき寺)に行った。

DSC_7997.jpg

DSC_7995.jpg

さつきの花は終わりかけていたが、石段の参道は、まだ見頃だ。

DSC_8002.jpg

アゲハ蝶は、わき目もふらず、蜜を吸っている。

DSC_8018_201906061150086ce.jpg

境内の池には、睡蓮が咲いて、よく見ると、カエルが葉の上にちょこんと座っていた。

観音寺から救馬渓観音へまわってみた。

DSC_8027.jpg

新緑のもみじが目にやさしい。

DSC_8034.jpg

「あじさい曼荼羅園」は、今月初めに開園したが、

DSC_8032.jpg

DSC_8043_20190606114858441.jpg

見頃には、少し早いようだった。

DSC_8050.jpg

DSC_8038.jpg

池には、あやめ?が咲いていた。
静かな時間があった。

    2019.6.6               くまお

追記

DSC_7921.jpg



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi