FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

思いがけない釣果(白浜地磯)
IMG_20191211_152531.jpg

      * 思いも掛けぬ釣果(45㎝の石鯛)で、思わずにっこり


12月11日(水)、午前中はテニスだった。
芝グレ(20㎝~25㎝)を釣って、一夜干しにしようと思い、久しぶりに白浜の地磯に出かけた。
白浜の地磯は、テニスの友達Hさんのお家の真下で、Hさんのホームグランドである。

午後3時過ぎ、釣り始める。

2B玉ウキに、の錘(おもり)を付けて、やってみた。
浮くはずの玉ウキは、だんだん沈んで見えなくなった。
おかしいなあと思って、引き上げると、15㎝ほどのガシラが上がってきた。
リリースして、再度投げ入れると、ウキはまた沈んで行った。
今度は、小さなベラがかかっていた。ベラもリリースした。

錘を変えようと思ったけれど、もう一度そのまま投げ入れてみた。
また、ウキは沈んで見えなくなった。
引き上げようとすると、竿が引き込まれた。
とっさに、ペールを外して、道糸を伸ばして、竿を立てた。
さらにもう一度引き込まれたので、ペールを外してやり取りしたうえ、釣りあげた。
三の字ハゲかと思ったら、なんと石鯛だったのだ。

その後、Hさんがタカノハ鯛を釣った。
潮が冷たいと考えて、私はそのままの仕掛けで釣りを続けた。
次々と魚はかかった。

IMG_20191211_160204.jpg

型の良いガシラも。

IMG_20191211_171913.jpg

結局、午後4時半までの釣果は、石鯛2尾、ガシラ2尾、タカノハ鯛2尾であった。
いつも釣れる芝グレは、全く姿を見せなかった。
タカノハ鯛が釣れるときは、潮が冷たいと言われる。
その日はよほど潮が冷たかったに違いない。

後で気が付いたのだが、玉ウキの重さは2Bと思っていたのが、2Gだった。
より10倍ほど軽い。
の錘を付けた2G玉ウキは、沈むのは当然である。
ふかせ釣りで芝グレを釣ろうとしたのに、底物釣りをしていたことになる。
これまで何百回となく磯釣りをしたが、45㎝ほどの石鯛を釣ったのは、初めてのことである。

 「怪我の功名」あるいは「瓢箪から駒が出る」ようなものだった。

     2019.12.24          くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi