FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

高尾山(田辺市)の花々
IMG_20200428_100255.jpg

* 高尾山山頂に咲く三つ葉つつじ


4月28日(火)、久しぶりに高尾山にのぼった。
ご同行のYさんご夫婦は、ほぼ毎日登っているとのこと。

IMG_20200428_080654.jpg

秋津川登り口は、すっかり新緑の装いとなっていた。

IMG_20200428_084402.jpg

オンツツジの咲く場所で休憩。

IMG_20200428_081939.jpg

やや大きな赤紫の花を着けている。

IMG_20200428_115058.jpg

花木がしっかりしているので、雄つつじと表す。
メン(雌)ツツジというのもあるそうだ。

IMG_20200428_082129.jpg

山路をたどると、餅葉つつじや

IMG_20200428_083251.jpg

IMG_20200428_083434.jpg

日蔭つつじが目に留まる。

IMG_20200428_092435 (2)

途中の三つ葉ツツジのトンネルは、散り終わっていたが、

IMG_20200428_100303.jpg

山頂近くに来て、三つ葉つつじの鮮やかな花に出会えた。

IMG_20200428_102503.jpg

IMG_20200428_101014.jpg

山頂で小休止していると、山友達のHさんも登って来た。

IMG_20200428_104013.jpg

小休止の後、一緒に東の展望へ。

IMG_20200428_104941.jpg

IMG_20200428_104453.jpg

おお、素晴らしき展望!

IMG_20200428_115540 (2)

下りの途中に、高尾山の大蛇嵓(だいじゃぐら)と称される覗きの展望。

IMG_20200428_121518.jpg

登り口に戻ると、朝見られなかった「筆リンドウ」が、可憐な姿で花開いていた。
日光が差さないと、花が開かないのだ。

IMG_20200428_121416.jpg

いくつか、白花も見られた。

IMG_20200428_121718.jpg

往復約7㎞の道のりで、出会ったのはたった6人。
4時間ほどの、のんびりした散策だった。

    2020.4.28             くまお

20060413163343.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スマホで散歩2
IMG_20200424_183100.jpg


スマホ片手に、夕べの散歩。

IMG_20200423_180636_1.jpg

チャペルの中を覗いてみる。
最近、結婚式は行われていない。

IMG_20200423_181207.jpg

海岸プロムナードに出る。

IMG_20200423_180905.jpg

まもなく日没だ。

IMG_20200423_181431.jpg

跡の浦湾のシンボル小山島。

IMG_20200424_182048.jpg

夕陽にかかやく平戸つつじ。

IMG_20200424_183158.jpg

夕日が沈むのを、見届けて帰る。

     2020.4.24             くまお

20060319161625.gif




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

スマホで散歩1
IMG_20200423_093618.jpg

                * スマホを片手に散歩


外出自粛が続く日々である。
天気の良い日は、スマホを片手に散歩するのが、日課となった。
道順をスマホ写真で辿ってみよう。

IMG_20200423_093247.jpg

C棟マンションへのアプローチを下る。

IMG_20200423_092607.jpg

左折して、テニスコート横の坂道を上り、

IMG_20200423_092912.jpg

集会所ボナールへ。

IMG_20200423_101236.jpg

今月の理事会は通信制となる。

IMG_20200423_093049.jpg

一回りして、再びアプローチを下り、チャペル棟の方へ。

IMG_20200423_093923.jpg

今度は海岸プロムナードへ。

IMG_20200423_094052.jpg

スマホのシャッターは、気楽に押せる。

IMG_20200423_094204.jpg

空が青いと、

IMG_20200423_094319.jpg

気分は爽快になる。

IMG_20200423_094618.jpg

温泉大浴場の方へ。

IMG_20200423_095944.jpg

この辺りの平戸つつじも満開となった。

IMG_20200423_095211.jpg

IMG_20200423_095106.jpg

ホテルのレストラン、A棟下のつつじもきれいだ。

IMG_20200423_095453.jpg

左手の海辺の彼方に神島が。

IMG_20200423_095524.jpg

右手に田辺の天神崎が望まれる。
朝食はまだなので、ここで引き返す。

    2020.4.23             くまお

fusyaani.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

ひき岩群の散策
DSC_7280.jpg

                  * 新緑のひき岩


4月19日(日)、天候が回復したので、ひき岩の散策をした。
ひき岩は県指定の天然記念物で、三つ葉つつじが岩間に咲く岩山である。

DSC_7336.jpg

北入り口の広場では、、遠方から来たらしい家族がくつろいでいた。

DSC_7268.jpg

展望台を目指して、登り始める。

DSC_7334.jpg

餅葉つつじが、登り路の両側で迎えてくれる。

DSC_7308.jpg

日蔭つつじは、うす暗い山路に灯っている。

DSC_7292_20200420223701067.jpg

散策の目的だった三つ葉つつじは、咲き終わっていて、
残花を見るばかりだった。

DSC_7276_20200420223619796.jpg

正午過ぎ、ひき岩を見渡す最初の展望台に立つ。

DSC_7275.jpg

大きな岩の向こうに、田辺湾が望まれる。

DSC_7278.jpg

みかんの美味しい大坊地区、

DSC_7279.jpg

高尾山も望まれる。

DSC_7304 (2)

ひき岩とは蟇岩のことで、麓の稲成からみると、大きな蟇蛙に見える。

DSC_7285_20200420223702293.jpg

絵心のある同行のHさんは、新緑のグラデーションにいたく感動して、

DSC_7300_20200420223701636.jpg

しばらくの間、絵筆を執った。
昼食後、そのまま引き返すことにした。

DSC_7306.jpg

蟇蛙の頭上に人影が見えた。
本日の散策路で出会ったのは、5人だけだった。

     2020.4.19              くまお

追記

IMG_20200509_091554.jpg

後日、Hさんよりスケッチした絵が届きました。   

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

平戸つつじ 満開
DSC_7238.jpg

               * ヴィラの平戸つつじは満開


夕べの散歩でも紹介しているヴィラの平戸つつじは、満開となった。

DSC_7263_20200420153852ebf.jpg

ホテルへのアプローチ、平戸つつじは見頃である。

DSC_7262.jpg

目移りするほどの美しさだ。

DSC_7249.jpg

色彩のことはよくわからない私であるが、
白花は、他を引き立たせている。

DSC_7254_20200420153853abe.jpg

単色もいいものだ。

DSC_7225_2020042015374929e.jpg

マクロレンズで追ってみた。

DSC_7231 (2)

白い花も

DSC_7237.jpg

紫の花も、

DSC_7230.jpg

平戸つつじ特有のしぼりもいい。

DSC_7247.jpg

「花のいのちは短くて・・・・・」
楽しませてくれる日は、あと幾何だろうか。

    2020.4.20             くまお

追記

       * 吾子の瞳に緋躑躅宿るむらさきに  中村草田男

好きな一句である。    

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夕べの散歩2
DSC_7159.jpg

                 * ヴィラの満開のさくら


4月15日(水)、夕べの散歩

DSC_7135.jpg

平戸つつじがプロムナードを彩る。

DSC_7139_20200417155953b25.jpg

季節は春から夏へとめぐる。

DSC_7149.jpg

鮮やかなつつじに彩られたホテルは、閑散としている。
「不要不急の外出は避けてください。」と言われるこのご時世だから、致し方ない

DSC_7178.jpg

まもなく、ヴィラの桜も散ってしまうだろう。

DSC_7157.jpg

春なのに、ブライダルステージのクインピア「祥」もひっそり。

DSC_7187_20200417160343ec2.jpg

さいわい、身近に素敵なプロムナードがある。

DSC_7113.jpg

私は気力を出して、今日も散歩に励んでいる。

     2020.4.15            くまお

追記

IMG_20200416_085534.jpg

散歩の径で、時々いただく明日葉(あしたば)。
苦味はあるが、滋養満点。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

新庄公園のさくら
DSC_7088.jpg

               * 新庄公園 こどもの国のさくら


4月14日(火)の夕方、新庄公園を散歩した。

DSC_7034.jpg

子供の国のさくらは満開。

DSC_7031.jpg

中学生が5、6人、トランポリンで宙返りしていた。
私も若かったら、ドルフィンのように、きれいなバック転を見せてやれたのに。

DSC_7085.jpg

花の坂道を下ると、

DSC_7039_20200416161354fe8.jpg

桜と新緑のグラデーション。

DSC_7053.jpg

昨年、神島フレンズテニスクラブの花見会をした場所だが、今年は中止。

DSC_7070.jpg

池の辺には、三つ葉ツツジ
鴨たちは遠くへ去って、姿はない。

DSC_7083_20200416161425dc8.jpg

夕日がしだいに傾く。

DSC_7104.jpg

美術館前の花壇は、まだまだ華やかだ。

DSC_7113.jpg

マンションに戻ると、夕日は沈もうとしていた。

     2020.4.14            くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

夕べの散歩1
DSC_6999_2020041614514241b.jpg

              * 四国の山脈に落ちる夕日


4月10日(金)の夕方、近くを散歩した。

DSC_6976.jpg

ヴィラのさくらは、ようやく満開となった。

DSC_6979_20200416141123fe8.jpg

桜と夕日影。

DSC_6980.jpg

写りは良くないが、まあいいいか。

DSC_6983.jpg

  * 清水へ祇園をよぎる桜月夜こよひ逢ふ人みなうつくしき  与謝野晶子


DSC_7018_2020041614114628b.jpg

「をりふしの移り変はるこそ、ものごとにあはれなれ。」とは、兼好法師の言葉。

DSC_6988.jpg

季節は桜花からつつじの花へ移ろう。

    2020.4.10           くまお

追記

IMG_20200411_163941.jpg

友人からとても美味しい「ちらし寿司」をいただいた。
タケノコ・蕨・など季節のものがあふれる「ちらし寿司」であった。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

豆ご飯とタケノコ
DSC_6959.jpg

                 * 頂いた初物の豆ご飯


先日、友人から豆ご飯が届きました。
初物で、塩加減(塩梅)が良くて、大変美味しかったです。
「初物七十五日」という諺は、以前にも言及しました。

翌日、山の先輩に、これまた初物のタケノコをいただきました。

DSC_6952.jpg

掘り立ての大きなタケノコです。

DSC_6962.jpg

湯がいて、タケノコご飯と煮物にしました。

DSC_6963.jpg

とても柔らかくて、美味しかったです。

初物の豆ご飯タケノコで、百五十日長生きできそうです。
新型コロナウイルスが、当地方にも忍び寄ってきています。
私のような心臓疾患や高血圧の者は、罹患したらお仕舞です。
折角頂いた賜物を、無にしないように注意したい。

      2020.4.10           くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

熊野古道 長尾坂・ひるね茶屋の桜
DSC_6894.jpg

             * 熊野古道 ひるね茶屋からの眺め


4月5日(日)、熊野古道 長尾坂からひるね茶屋へ散策した。

DSC_6768.jpg

長尾坂は世界遺産熊野古道に追加された道で、歩くのは初めてだった。

DSC_6775.jpg

往時の石畳が残っている。

DSC_6780.jpg
DSC_6781.jpg

20分ほど坂道を上ると、一里塚があった。

DSC_6789.jpg

古道の長尾坂を上り、車道に出ると、視界が開けた。

DSC_6792_20200407212916154.jpg

前方の衣笠山の中腹に、ひるね茶屋の桜が遠望された。

DSC_6800.jpg

道端の枝垂れ桜に、心惹かれながら歩む。

DSC_6814.jpg

関所跡近くには、堅固な石垣が。
江戸時代、安藤家がこの道を管轄していたのだろう。

DSC_6818.jpg

本日は高尾山を遠くに眺めながらの散策。

DSC_6822.jpg

山吹の花咲く関所跡に到着。

DSC_6825_20200407214346aba.jpg

DSC_6829.jpg

ひるね茶屋に近づく。

DSC_6837.jpg

真っ青な空に浮かぶ桜花。

DSC_6847_2020040808520341d.jpg

眺望が開けた。

DSC_6857_20200407220857eae.jpg

ひるね茶屋への道をのぼると、

DSC_6859.jpg

ひるね茶屋だ。

DSC_6864.jpg

茶屋からの眺望は、

DSC_6866.jpg

素晴らしい。

DSC_6878.jpg

茶屋の上方の花もも通りを散策。

DSC_6884.jpg

最高のビューポイント。

DSC_6895_202004072219433ab.jpg

花もも通りを徘徊したのち、水吞峠まで歩いて、戻った。

DSC_6911_2020040722194331d.jpg

ひるね茶屋の駐車場を包むように、

DSC_6915.jpg

満開の桜花。

DSC_6924.jpg

ひるね茶屋で昼食の弁当を食べて、

DSC_6922.jpg

ひんやりした山風に散る花びらを背に受けながら、長尾坂下の車止めまで引き返した。
今春見た最高の桜であった。

     2020.4.5             くまお

20060403171910.gif


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi