陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

クマノミさんと陶芸(ブログ1000号)
031_convert_20120205164910.jpg

             * 陶芸窯小屋に掛けていた陶板


ブログ「陶芸アトリエ高瀬川」は、クマノミさん(亡き妻)が始めたブログです。
ヤプログは1号の「焼酎サーバー」(2004.9.1)から始まり、268号まで続きました。
その後、ヤプログからFC2ブログに引っ越し、668号の「スイカ」(2010.7.14)で終わりました。
私(夫のくまお)は669号から引き継ぎ、今回1000号になりました。

これまでに、カナダのあさのひかり(社長)さんをはじめ大勢の方々の励ましをいただき、1000号に辿り着きました。
お励まし下さり、お読みいただきました方々に深く感謝申し上げます。


2006_07190028_convert_20120205110745.jpg

             * いつも使っているコーヒーカップセット


ブログ1000号を記念して、「クマノミさんと陶芸」について少し綴ってみます。

クマノミさんは福井県三方郡三方町(現在は若狭町)で生まれました。
三方中学校から若狭高校、静岡大学文理学部へ進学しました。

1966年大学卒業後、和歌山県西牟婁郡の三川中学校に赴任しました。
一年後、くまお(私)と結婚し、白浜中学校へ転任しました。
白浜中学校在任中、二人の娘を出産しました。
その後、上富田中学校、富田中学校、高雄中学校、大塔中学校(鮎川・三川・冨里の三中学校が合併)で勤務しました。
1996年に52才で早めの退職をしました。


024_convert_20120205115429.jpg

            * 魚の盛り付けによく使う角皿「清流」


退職前には、パラグライダーで空を飛びたいという夢があったようです。
退職してすぐ、パラグライダーをやっている方を上富田町市ノ瀬に訪ねました。
大阪に帰っていてお会いできませんでした。

そのうちに、硬式テニスのスクールに通い始めました。
大学の体育の時間に習ったことがあったようです。


015_convert_20120205115143.jpg

* 焼酎サーバー「青い目の女」


陶芸は2000年ごろから始めました。
富田の「ケア・ハウス」の陶芸クラブです。
「ケア・ハウス」内のクラブですが、外部の人との交流のために誘われて通い始めました。

月に何回か指導される先生が来られていました。
殆どの人は先生に作ってもらって喜んでいたようです。


2006_07110006_convert_20120205111301.jpg

* 特注窯での素焼き


クマノミさんはクラブ会長さんの熱意にほだされ、陶芸にのめり込んで行きました。
最初は「ケア・ハウス」の電気釜で焼いてもらっていました。
しばらくして、電気窯を自分で特注しました。
我が家の駐車場内に小屋を作り、窯を設置しました。

アトリエとして二階の空いた娘の部屋を使いました。
夢中になると、午前4時過ぎまでゴトゴトやっていました。
寝る時間は3~4時間でした。

そのためテニスへ行くときは、車中でいつも寝ていました。
テニスのプレー中にも眠っていたことがありました。


012_convert_20120205115335.jpg

               * 練り込み象嵌花活け「冬木立」


県展と市展に出品し、入選しました。
クマノミさんは入賞を目指しました。
審査員や入選者の懇親会で、ある陶芸審査員から言われたそうです。
「お前のように絵を描いても、陶芸では絶対入賞は出来ないぞ。」と。

言われた通り、数年間は入選だけでした。
でも、陶芸の先生に師事することはありませんでした。

クマノミさんは、「タタラ板法」を独自に進化させたと言っておりました。
一定の幅と長さに作った粘土の板を繋いで行く方法です。
大きな器でも軽くて均整のとれた形に仕上げることができます。
もちろん最終的には轆轤で仕上げます。

陶芸の小道具は自分で作っては楽しんでいました。
クマノミさんのよく行くお店は、100均とコーナンと書店でした。
陶芸の小道具を調達したり、陶芸の本を買ったり見たりするためです。


040_convert_20120205165231.jpg

*第51回田辺市展入賞(奨励賞)「熊野古道」



努力が実り、2005年の田辺市展に初入賞(奨励賞)しました。
2006年、2008年も田辺市展の奨励賞を受賞しました。

2007_04170007_convert_20120205105625.jpg

*第54回田辺市展奨励賞 象嵌大壺「春のうた」



2008年6月に手術をしてから陶芸を控えるようになりました。


2007_04170005_convert_20120205103027.jpg

 *第55回田辺市展市長賞 「擬宝珠文大壺」



2009年の田辺市展で市長賞を戴きました。
手術前に造った浮彫の大壺でした。
これまで一生懸命に努力したクマノミさんへのご褒美だと、私は思いました。

2010年4月にマンションに移転しました。
特注の窯や轆轤、本や小道具一式は知人に譲りました。
沢山の陶芸作品は、多くの方々に貰っていただきました。

クマノミさんはマンションに置けるだけの少々の作品を持ってきました。
ほんとうにさっぱりした人間でした。
そして7月16日、クマノミさんは千の風となって、あの世に逝ってしまいました。

クマノミさんは自分のことを娘たちに殆ど話しませんでした。
私もあまり知りません。
でも私の知る限りのことは、娘たちに伝えてやりたいと思っています。

ブログ「陶芸アトリエ高瀬川」は、親から娘たちへのメッセージになってくれればいいなあと、私は思っています。

    2012.2.5            くまお


20060313163941.jpg


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

かよさんへ
ご多忙のところ早速、拙いブログを拝読くださり、とてもうれしく思いました。
ありがとうございました。
山登りは、「いっぽ、にほ」と前へ進まないと山頂に到達できません。何事においてもそうですね。この年になって、少し解ってきました。
ご家庭を大切にしながら、「いっぽ、にほ」とご健闘ください。
くまお | URL | 2016/12/15/Thu 10:04[EDIT]
ブログのご案内ありがとうございました。
奥様やご家族への温かな思いやりに満ちた文面が、こちらの心まで温かくしてくれました。
観たことのある風景も、くまおさんのカメラには芸術的に納められいて、楽しませていただきました。またのぞかせてください。
かよ | URL | 2016/12/14/Wed 23:18[EDIT]
はなママさんへ
はなママさんが初めてこちらに来て下さった時は、クマノミさんはまだPCやってなかったんですか。そんなことすっかり忘れていました。壁掛けカレンダーの作り方とか、ミクシー
とか言ってましたね。
私もカレンダーの作り方を覚えて、作ってはあちらこちらに貼っています。
何とか1000号に達してほっとしています。
今でもクマノミさんの記事へのアクセスが圧倒的に多いです。
クマノミさんのことは、もっと書き残してやりたいとは思っています。
でも、私もあまり知らないのです。
クマノミさんは自分のことをあまり話しませんでしたから。

はなママさん 今度お会いした時、クマノミさんのこといろいろ教えて下さい。
辰年のお誕生日 おめでとう!

くまお | URL | 2012/02/10/Fri 23:16[EDIT]
1000号おめでとうごだいます。
すご~いなぁ~~~
私が和歌山に初めて訪ねた時は、まだPCやってなくて
あっという間にPC買って、ブログはじめて、
なんでも興味持ったことには挑戦しましたね。
もっともっとこれから、いろいろ話したいこと、相談したいこと
いっぱあったのに、残念でたまりません。
でもこんな風に今も思ってくれている人がいる
クマノミさんがうらやましいです。
はなママ | URL | 2012/02/10/Fri 22:06[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi