陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

北海道の自然と生物(その8-美瑛・四季彩の丘)
2012-08-18+(105)_convert_20120906153556_20120906165939.jpg

美瑛・四季彩の丘へは、国道237号線から外れた畑中の道を進みました。
四季彩の丘への道標はなかなか出てきません。
やっと到着すると、多くの車やバスが駐車していました。
国道237号線から入れば分かりやすかったようです。

2012-08-18+(98)_convert_20120906153029.jpg

私はまず、トラクターでお花畑を一周する「ノロッコ号」(500円)に乗ってみました。
ところが、ガタガタ揺れて写真を撮るどころではありません。
それに一周といっても大した距離ではありませんでした。
私は途中2分間休憩の場所でノロッコ号を放棄して歩きました。

2012-08-18+(155)_convert_20120906164539.jpg

そこは見渡すばかりの花の絨毯でした。

2012-08-18+(90)_convert_20120906151815.jpg

_2012-08-18+(82)_convert_20120906150855.jpg

クレオメの花です。

2012-08-18+(118)_convert_20120906155336.jpg

2012-08-18+(81)_convert_20120906230224.jpg

白いクレオメの花もいいですね。

2012-08-18+(163)_convert_20120906165004.jpg

よく晴れていればお花畑の彼方に、十勝岳連峰が見えるはずです。

2012-08-18+(86)_convert_20120906151550.jpg

十勝岳連峰の左手にはトムラウシ山、さらに遥かに旭岳(大雪山)が望まれるそうです。

2012-08-18+(127)_convert_20120906162045.jpg

そろそろ四季彩の丘ともお別れする時間となりました。
ここから今夜の宿の阿寒湖畔まで、たっぷりの距離があります。

2012-08-18+(165)_convert_20120906165159.jpg

私はお昼過ぎに四季彩の丘のロール君にさよならを告げました。

2103_convert_20120907004316.jpg

昼食は237号線沿いでラーメンを食べることにしました。
今度は醤油ラーメンを注文しました。
写真を撮るのを忘れてしまいました。
大変美味しい旭川醤油ラーメンでした。

走り出した車のナビを覗いてみました。
阿寒湖畔のホテル到着予想時刻は18時40分でした。
チェックインは18時にしていました。
私は先を急いで走りました。

    2012.8.18         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

あさのひかり(社長)さんへ
社長さんのおしゃる通りです。
北海道の良さも怖さもしみじみと知っておられるのですね、そして、美味しく食べる方法も。
今回の旅で、北海道の人々の大らかで温かな人情をたくさん受けました。
「ノロッコ号」の500円はいいのです。
私はその他に何の買い物もしなかったのです。
駐車料金も入場料も無料でしたし。
くまお | URL | 2012/09/09/Sun 13:43[EDIT]
自然とラーメン
北海道の売りは自然とラーメンです。
京都や金沢といった古都のロマンはありませんが、自然がまだ幅をきかせているので日本庭園よりも花畑、しかもその借景がごつごつした山だったりします。
人間が作る物はその大自然にはあえて対抗せず、ラーメンやらバターが名産。北海道人は自然の怖さを知っています。
人工的な観光地よりも自然を活かした観光地の方が多いです。人工的なものは長く続かずにバブル崩壊と同時にほとんどがつぶれました。『ノロッコ号』500円とはずいぶんなボッタクリですね。
あさのひかり(社長) | URL | 2012/09/09/Sun 09:41[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi