陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

田並の磯に二兎を追って
2030_convert_20121028200552.jpg

10月25日(木)、串本田並の磯へリベンジに行きました。
前回同行した友人が都合悪く、単独で出かけました。
乗船した釣人は5組9人でした。

2057_convert_20121028200751.jpg

朝焼けは美しく、釣りへの期待で心が弾みます。

2080_convert_20121028200951.jpg

前回渡礁した赤島です。
大阪からきた親子の二人が渡礁しました。

2097_convert_20121028201123.jpg

私の渡礁したのは、小イガミという島でした。
名の通り磯の根で小イガミをたくさん釣ったことがありました。
以前クマノミさんと渡礁して小イガミばかりなので、長島に替わり大きなイガミを釣った覚えがあります。

今回私はイガミとグレの二兎を追うことにしました。
イガミは浮子釣りと底釣りの竿二本を出しました。
グレはふかせ釣りの竿一本です。

二兎を追うものは一兎を得ず」のことわざ通りでした。
イガミの浮子は根にかかり飛ばしてしまいました。
グレ竿の高が岩根にとられて、高価な玉浮子を無くしてしまいました。
最初に釣った「しばグレ」は手から零れ落ちて逃げてしまいました。

私はついに「焼きがまわった」と思いました。
もう釣りはやめようとも思いました。

やや時間が過ぎて、ふかせの竿で小イガミを釣りました。

前夜「海くん」に浮子と釣針を買いに行きました。
その時、グレ釣り名人の藤原義雄さんに聞いたことを試みてみました。

G2の浮子にホンダワラを付け、小さな錘を餌の近くに打ちました。
すると、イガミが続けて二尾釣れました。
私は元気を取り戻し、ふかせ竿一本に集中しました。
今度は本命のグレが二尾釣れました。

干潮は8時41分でした。
釣れ出したのは10時半前後でした。
「上げ三分、下げ七分」が潮時とよく言われます。
上げ三分の時間帯だったようです。

11時過ぎて北西風が吹き出しました。
私は午後1時半に納竿しました。

2105_convert_20121028201314.jpg

前回磯がわりした大赤島です。
釣人が離礁すると、釣り場にこぼれた沖アミにカラスが集まってきます

2112_convert_20121028201502.jpg

渡船が港に戻ると、たくさん釣った人は釣果を写真に撮ってもらいます。

2117_convert_20121028202017.jpg

今回は私も撮ってもらいました。

長島では二人でグレ17尾、横島では大きなコロ鯛とグレ、大赤島では60㎝以上の青ブダイなどを釣っていました。

2012-10-25+(35)_convert_20121028202238.jpg

マンションでのグレの記念撮影です。
38㎝と33㎝ありました。
船頭さんが言うには、私の38㎝のグレが今日一番の長寸だったようです。

クマノミさん用に買った高価な竿とリールにやっと「のう」が入りました。
方法によっては二兎を追えることが分かりました。
でも、竿は一本にするのがベストです。

    2012.10.25        くまお

追記

  29日(月)より、しばらくブログを留守にします。   


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi