陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

赤目温泉 山の湯の宿(山水園)
2012-11-13+(122)_convert_20121122100613.jpg

11月12日・13日は、赤目温泉山の湯の宿に連泊しました。

2012-11-13+(107)_convert_20121121225648.jpg

山の湯の宿は平日だったこともあって、大変静かな佇まいでした。

2012-11-13+(131)_convert_20121122101330.jpg

滝からの澄んだみずが、ゆっくりと水車を回していました。

2012-11-13+(134)_convert_20121123111448.jpg

山の湯の宿らしく、湯けむりが朝靄のようにほのぼのと立ち昇っていました。

2012-11-13+(86)_convert_20121122102356.jpg

夜の雰囲気は格別でした。

2012-11-13+(83)_convert_20121122100845.jpg

2012-11-12+(114)_convert_20121123115555.jpg

2012-11-13+(108)_convert_20121123120629.jpg

照明の一つ一つに、山の湯の宿らしい工夫が凝らされていました。

2012-11-13+(103)_convert_20121123113810.jpg

私の部屋は少し離れた山裾のシングルルームでした。
宿泊するのは、やはり二人部屋の方がいいですね。

2012-11-12+(76)_convert_20121122102032.jpg

一泊目の夕食は会席料理でした。

2012-11-12+(86)_convert_20121123210353.jpg

新鮮なお刺身には、つるむらさきが添えられていました。

2012-11-12+(77)_convert_20121121225925.jpg

マツタケの鍋ものです。
あとで、まつたけご飯も出ました。

2012-11-12+(89)_convert_20121122105028.jpg

流れ子の煮物です。

2012-11-12+(90)_convert_20121121233920.jpg

伊賀牛です。

2012-11-12+(96)_convert_20121121233743.jpg

生ビールのあとは日本酒の熱燗を頼みました。
出された辛口の地酒の「滝自慢」は、大変美味しかったです。

2012-11-12+(81)_convert_20121121234101.jpg

食事の部屋も落ち着きのあるいい場所でした。
私の後に二組のお客さんがきました。


2012-11-13+(75)_convert_20121123122426.jpg

二泊目の夕食は、伊賀牛のすき焼きにしました。
宿に行くまでは日替わり会席を注文していました。
あちこちに伊賀牛の看板があるのを見て変更しました。

2012-11-13+(78)_convert_20121122102214.jpg

注文するまでは、一人ですき焼き鍋をつつくのもどうかなと思っていました。
宿の方がお相手してくれて、大変美味しくいただきました。

赤目四十八滝の思い出に燗酒によい「滝自慢」、冷酒がうまい「名張乙女」を買って帰りました。

    2012.11.14           くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi