陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

いつの日か・・・・・
2013-01-24 (16)

1月24日(木)、性懲りもなくグレ釣りに出かけました。
串本田並の港には午前6時15分頃に着きました。
潮岬の灯台の灯りが見えました。

2013-01-24 (11)

               * 中央左の高い島が根島

今日は根島に渡礁する予定です。
イガミ釣りで何度も渡礁しています。

2016.jpg

7時に田並の港を出船しました。
釣人は二人でした。
海水と空気の温度差で、霧が立ち昇っていました。

2036_20130126214736.jpg

田の崎の向こうから朝日が昇ってきました。

2075.jpg

波のうねりがかなりありました。

2083.jpg

もう一人の釣人は沖にある赤島に挑戦しました。
私は東磯の安全な根島に渡礁しました。

今朝は早めに「海くん」に行きました。
教えてもらいながら、オキアミに遠投用の集魚剤を混ぜました。

前回と違って、かなり遠くに撒き餌ができました。
私はまず沖向きの右手で竿を出しました。
しばらくして、浮子が斜め下に沈みました。
竿を合わせると強い手ごたえがありました。
竿を立てようとしたところ、プツリとハリスが切れてしまいました。

シバグレを何匹か釣りました。
かなりの引きがありやっと浮かせると、30㎝オーバーのグレでした。
そのまま引き抜こうかと思いましたが、慎重を期してタモで掬うことにしました。
掬うのに失敗してバラしてしまいました。

時間はどんどん過ぎて行きました。
正午の鐘の音が聞こえてきました。

今度は地方寄りに釣り座を替えました。
30㎝に近いグレを釣りました。
次に大物を掛けました。
今度こそはと引き寄せました。
真下に根があるので一段低い場所に移動しました。
なかなか浮き上がってきません。
そうこうしている間にハリスが根切れしてしまいました。

2013-01-24 (21)

今日の釣果です。

2013-01-24 (24)

三の字ハゲは40㎝ありました。
ハゲはグレと違って根に入り込まないので、引きは強いが取り込み易いのです。

2013-01-24 (28)

尻尾の三の字は、大きくなると五の字になります。

グレを釣るには、いろいろな技を習得する必要があるようです。
シバグレや強風への対策、潮流の見分け方、タナの取り方。
さらに、撒き餌の作り方、遠投の技術。
特に難しいのは、ハリスを潮になじませる技、大物の取り込み方などです。

29日(火)リベンジに行きます。
身の程知らずの老人を相手にする船頭さんも、さぞかし気苦労なことでしょう。

今回私は、何とか目標を達成すべく頑張りました。
三つ持って行ったおにぎりを一つ食べたきりでした。
用も一度達しただけでした。
干潮時に磯物を採る余裕もありませんでした。

帰りに「海くん」に立ち寄り、今日の状況を話しました。
藤原名人曰く、「必ず30分間はお昼休憩を取りなさい」と。

いつの日か目標を達成したいと思います。

   2013.1.24        くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi