陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

三十年ぶりの周参見の磯(その二)
142.jpg

              * 周参見下磯「白島」の全景

2月8日午後3時、迎えに来た元開丸に急いで飛び乗り、白島を離れました。

151.jpg

元開丸は北西風に向かって帰りを急ぎました。

159.jpg

周参見の一級磯「かつお島」にも寄り、渡礁していた釣人を迎えて周参見の港に戻りました。

岩元渡船さんの休憩所で、三十年前の思い出話をしました。
私は当時川辺渡船さんにお世話になっていました。
川辺渡船は岩元渡船さんと朋輩で、岩元さんはまだ若い船頭さんでした。
その時の都合で、岩元渡船さんに乗せてもらっていました。
私と一緒に釣りに来ていた先輩や同僚で、今でも磯釣りに来ている人はいません。
ここでは、30年という時の流れがはっきり見て取れました。

以前のブログで、かつお島エビ島シオキ(シオフキ)や口和深のチョボでの釣り体験を綴りました。
周参見の磯は、私にとって思い出深い磯です。

DSCF3218.jpg

今日の私の釣果?です。
30㎝くらいのメンドリとタカノハの2尾でした。
シバグレも釣りましたが、リリースしました。

031.jpg

             * 私の釣り座の前方の島と地磯

私には三度の大物の当りがあり、三度とも逃がしてしまいました。

一度目はいきなり引き込まれて、道糸とハリスの直結点で切られてしまいました。
もう一度はトイレ中に竿を持ち込まれて、竿に手を掛けた時にハリスが切れてしました。
三度目は竿を立ててこらえたのですが、道糸のどこかが切れて浮子ごと持っていかれました。

後に名人に聞いたことですが、
私の釣り座で、かつてイガミ釣りに来ていた人が、51㎝のグレを釣り上げたことがあったそうです。

DSCF3216.jpg

名人は納竿の時、よく太った35㎝前後のグレ3尾を私にくれました。

DSCF3209.jpg

私の釣ったメンドリやタカノハと比べると、いただいたグレの大きさがよく分かります。

今回も30㎝オーバーの寒グレ3尾という目標は達成できませんでした。
けれども、今季の寒グレ釣りはこれでお仕舞にします。
目標達成の楽しみは来季に残しておきます。

    2013.2.8          くまお


追記

実は、渡礁した直後から小用がしにくくなりました。
やっとのことで、マンションに帰りました。
その晩は大変苦しみました。
連休の三日間は温泉で体を温め、体調の回復に努めました。
もちろん好きなアルコールも飲まずでした。
2月12日(火)泌尿器科医院に行き、薬を処方してもらいました。

事情を知っておられた方には大変ご心配をおかけしました。
お陰様で、今日は大分良くなってきました。

私は「自分には磯釣りに行ける若さが残っているのだ」という、自負心を持っていました。
残念ながら、私は何事も程々にしなければならない年令になってしまったのです。

     2013.2.13           くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

船名は千歳丸でしたね!
私はこのごろ物忘れがひどくなっています。
自分でもその症状が自覚できるほど進行しています。

この度お便りをいただき、川辺渡船さんの船名を思い出しました。
船名は千歳丸でしたね!
岩元渡船さんの元開丸は覚えていました。
川辺渡船さんのは、「はまゆう荘」という民宿の名にこだわっていたようです。

最近、良き出会いがいくつかあって我ながら驚いています。
千歳丸さんとの出会いもその良き出会いの一つです。

カメラは足で撮り、ブログは足で綴るようです。
健康な足腰が一番大切です。
もう少しの間、健康な足腰でいたいと思っています。

私の拙いブログですが、今後ともよろしくね。
それでは お元気でお過ごしください。

くまお | URL | 2013/02/16/Sat 22:43[EDIT]
ありがとうございます
兄が高校生ということは私は中学生でしたね。
家族以外に父や母のことを覚えていてくださる方がいるのは本当にうれしいです。
ありがとうございます。

くまおさんもお身体大事になさってくださいね。これからもブログ、楽しみに拝見させていただきます。
千歳丸 | URL | 2013/02/16/Sat 21:24[EDIT]
千歳丸さん お便りありがとう!
はじめまして
今は亡きくまのみの夫 くまおです。
お便りをいただき、私もビックリしました。
ブログをお読みくださっていらっしゃったとのこと、大変うれしく思います。

あなたのお父様やお母様には、ずいぶんお世話になりました。
「はまゆう荘」で忘年釣り大会を催した時は、大きなクエをまるごと料理してくれました。
食べ切れないほどのお魚でした。

以前に「釣り遍歴」(周参見編)で綴りました。
周参見の磯でいつも川辺渡船さんにお世話になって、数々の釣りを体験させてもらいました。
渡船から親切に指示してくれたマイクの声が、懐かしく蘇ってきます。

私が周参見の磯に通い出したのは、三十五年以上前だったでしょうか?
あなたのお兄様?は、当時高校生だったと思います。

光陰矢の如しといいますが、本当に時の流れは速いものですね。
当時は私も若くて、大晦日までお世話になったことがあります。
「午前中で納竿だがそれでもいいか、いいですよ。」といった調子でした。

思い出せばきりがありませんね。
思いがけない嬉しいお便りありがとうございました。
どうぞ御主人様によろしくお伝えください。
そして、どうぞお幸せに!

くまお | URL | 2013/02/15/Fri 23:07[EDIT]
はじめまして
始めまして
川辺渡船の娘です。

主人がくまのみさん、くまおさんの大ファンで二年ほど前からずっとブログを拝見させていただいていたようです。

先日、ブログを開いた際、川辺渡船という文字を見て、ビックリしたようで、すぐに私に連絡がきました。

私も、廃業して二十年近くたつことから大変驚いており、今は亡き父のことを久しぶりにゆっくり思い出しました。

三十年前といえば私は高校生だったでしょうか?お目にかかったことはないかもしれませんが、

川辺渡船や父の事覚えていてくださりありがとうございます。
千歳丸 | URL | 2013/02/15/Fri 21:07[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi