陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

旬のみかん(ポンカン)
DSCF3374.jpg

ヴィラの大浴場でのふとしたことから縁ができた方がありました。
後日、その方よりポンカンをいただきました。
こんなにもってきてくださってころがるみかん」(荻原井泉水)です。
この句が縁で、私はお便りいただいたFC2ブログ「神戸だより」(kurozowasan)の読者になっております。

ウィキペディアによりますと、

ポンカンはインド原産のミカン類で、完熟すると橙色になり独特の芳香を有する。
外皮はむきやすく、果肉を包む内皮は柔らかいので、そのまま食べられる。
果梗部にデコが現れやすい。
12~2月に収穫される。

DSCF3379.jpg

紀南地方では、ポンカンを知らない方はいないでしょう。
ポンカンには種があるのは惜しいことです。

以前にも綴ったことがありますが、ミカン属は次のように分類されています。

 オレンジ類(バレンシアオレンジ・ネーブルオレンジなど)
 グレープフルーツ類(グレープフルーツなど)
 香酸柑橘類(ユズ・ダイダイ・スダチ・三宝柑など)
 雑柑類(夏ミカン・八朔など)
 タンゴール類(清見・はるみなど)
 タンゼロ類(セミノールなど)
 ブンタン類(文旦・ザボンなど)
 ミカン類(温州ミカン・ポンカンなど)

最近ではデコポンを始め、美味しいさまざまな品種が栽培されています。
昔は酸っぱい夏ミカンに塩か炭酸を付けて食べたものです。
私は果物で一番よく食べるのはミカン(属)です。
美味しくて食べやすい「はるみ」の出回る3月が楽しみです。

   2013.2.17          くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi