FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

野長瀬のしだれ桜(2013)
DSCF5848.jpg

3月23日(土)午後3時半過ぎ、近露の「野長瀬のしだれ桜」を観に出かけました。
前日の「めだかの学校」で、中辺路町の方から枝垂れ桜が見ごろとお聞きしました。
午前中は曇り空で行くのを躊躇していました。
午後3時頃、ようやく晴れ間となりました。

DSCF5861.jpg

「野長瀬のしだれ桜」は、「なかへち美術館」の駐車場から歩いて5分ほどです。
目を見張るほどの見事な満開のしだれ桜でした。

DSCF5917.jpg

   * 近露は其のときどきの心引く花の盛りのしだれ桜けふは  土屋文明

 この桜は樹齢二百七十八年位で、十九代六郎可盛が京都祇園の枝垂れ桜の苗を持ち帰って植えたと伝えられています。
     平成十六年三月吉日

DSCF5912.jpg

お庭の中に入り、観賞させていただきました。

DSCF5898.jpg

お庭からの眺めも趣深いものでした。

DSCF5882.jpg

お部屋のガラス戸には、やわらかな樹影が写っていました。

DSCF5894.jpg

路地に枝垂れる見事な花です。

DSCF5931.jpg

地につきそうなほどに枝垂れた花房でした。

DSCF5949.jpg

甍の上の花の合間に、昼の月影がうっすらと見えました。

路地の空き地では、地元出身と思われる方々が花見の酒盛りをしていました。
お酒のお誘いをいただきましたが、残念ながらお断りしました。
私は十二分に花に酔いました。
かれこれ一時間ほど留まった後、帰路につきました。
   
    2013.3.24           くまお

追記

二本の太い電線が、枝垂れ桜の観賞を邪魔していました。
町職員の方は、来年までに電線を何とかしたいと話していました。

野中の「くすやまのしだれ桜」が、一週間後には見ごろになると教えてくれました。
色が濃くて大層きれいだそうです。
3月30日(土)は晴れますように願っています。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi