陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

プーシキン美術館展(神戸市立博物館にて)
021.jpg

10月26日(土)、帰省する二女と孫を神戸市まで迎えに行くことになりました。

私は午前10時過ぎに田辺を出発し、午後1時半ごろ三ノ宮駅近くのホテルに到着しました。
折りしも、神戸市立博物館で「プーシキン美術館展」が開催されていました。


DSCF7826.jpg


ホテルにチェックインしてから神戸市立博物館に行きました。

DSCF7849.jpg

神戸市立博物館は、宿泊するホテルのすぐ近くにありました。
展覧会場内は撮影禁止のため、街頭のポスターを撮ってきました。

011.jpg

       * ルノワールの「女優ジャンヌ・サマリーの肖像」 1877

DSCF7839.jpg

DSCF7836.jpg

           * アングルの「聖杯の前の聖母」  1841


他に展示されていた作品では、プーシェの「ユピテルとカリスト」がとても綺麗でした。

ゴッホの「医師レ―の肖像」、ゴーギャンの「彼女の名はヴァイルマティといった」
マティスの「カラー、アイリス、ミモザ」、ピカソの「マジョルカ島の女」
シャガールの「ノクターン」など66点の作品が展示されていました。

私は所蔵していた週刊「世界の美術館」(プーシキン美術館)を持って行きました。
その本によりますと、

 プーシキン美術館の創設は、「大衆の啓蒙のため、モスクワに古典芸術の美術館を」と、モスクワ大学教授ツベターエフが、大学の収集品をもとにした美術館の創設を訴えたのが契機となりました。
1912年、「アレクサンドル3世記念美術館」が開設されました。
1937年、ロシアの民が誇る偉大な詩人プーシキンの没後100年を記念して、「プーシキン美術館」と改称されました。
さらに第二次世界大戦後の1948年、美術収集家シチューキンとモロゾフのコレクションの一部も、この美術館に収められました。
フランス近現代絵画の傑作約200点を加え、ロシアを代表する西洋美術の殿堂となりました。

016.jpg

神戸市立博物館の辺りは、かつての「神戸外国人居留地」でした。

015.jpg

博物館内には、その当時の状況が良く解るような展示がされていました。

DSCF7870.jpg

因みに、私の宿泊したホテルのレストランの名は、「居留地倶楽部」でした。

036.jpg

阪神・淡路大震災の被害からすっかり立ち直り、新しいビルが立ち並んでいました。

DSCF7869.jpg

街並みはきれいな花で飾られていました。

    2013.10.26       くまお

追記

27日(日)の夕刻、二女と孫を乗せてマンションに戻りました。
台風シーズンが去った今でも、我家では元気な孫タイフーンが吹いています。
     

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

しげよあゆみさんへ
いつもコメントありがとう。
数日間の帰省はいいものです。
今回は三ヵ月近く滞在するので、相当疲れそうです。

くまお | URL | 2013/11/01/Fri 21:11[EDIT]
お子さんやお孫さんとの久し振りの再会・・・・。
この関係をいつまでも大切にしていきたいですね。
しげよあゆみ | URL | 2013/11/01/Fri 02:02[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi