陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

オランダのお菓子
DSCF8269.jpg

先日、親しくしていただいている方よりお菓子をいただきました。
風車が描かれている缶に入っているお菓子です。
ゴッホ生誕160年記念オランダ・ベルギーの旅に参加されたそうです。

DSCF8287.jpg

ワッフルには蜂蜜のような中身が詰まっていて、大変美味しかったです。

私は缶の側面の絵にも興味を引かれました。
調べてみると、

DSCF8275_20131115004400829.jpg

「Zomer]は「夏」の意でした。

DSCF8279_20131115004437650.jpg

「Herfst」は「秋」の意でした。

DSCF8278_20131115004437ace.jpg

そして、「Winter]は「冬」の意でした。

風車を描いている絵は、季節のめぐりから推測すると、「春」になります。
でも、「春」はオランダ語で「Welput]でした。
いろいろ調べてみましたが、解りませんでした。
この絵の文字の意味を知っている方は教えてください。

ところで、私も今から13年前(2000年)にオランダ旅行に出かけたことがありました。

DSCF8593.jpg

アムステルダムの「ゴッホ美術館」を訪れました。

DSCF8603.jpg


ゴッホの自画像をはじめ、多くのゴッホの作品が展示されていました。

DSCF8610.jpg

「世界の美術館」(ゴッホ美術館)に紹介されている、「カラスの群れ飛ぶ麦畑」がとりわけ印象的でした。
大変大きな作品です。

DSCF8598.jpg

フランスのアルルに移り住んだ部屋の絵です。

DSCF8596.jpg


ゴーギャンを迎えるために描いた「ひまわり」とも言われています。

DSCF8613.jpg


今年はゴッホ生誕160年記念と同時に、ゴッホ美術館開館40周年でもあるようです。
もう一度オランダ・ベルギーの旅に出かけたくなりました。

   2013.11.14          くまお

追記

「Lente」(レンテ)は、オランダ語で「春」の意でした。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

大平洋の番人さまへ 
オランダのお土産ありがとうございました。
「レンテ」は、やはりオランダ語で「春」の意味でした。
ご教示ありがとうございました。

レンブラントの「夜警」は、迫力ありましたでしょう。
フェルメールは残念でしたね。
私もマウリッツ美術館でフラれてしまいました。
「真珠の首飾りの少女」は、日本のどこに来ているのでしょうね。

ところで、狭いマンションでの娘たちとの同居には、いささか参ってきています。
早く自由な一人暮らしに戻りたいものです。
くまお | URL | 2013/11/25/Mon 20:42[EDIT]
こんにちは~久し振りにブログにお邪魔させていただきます。いつも思い出しては「陶芸アトリエ高瀬川」をこっそり見てるのですが
「くまのみさん」から引き継がれて何年になります 撮影技術!腕を上げられましたね~それに伴ってカメラも高級品に替えられたようで
さて、久し振りのヨーロッパ旅行に行った時のささやかなお土産を持参して「13年前の愛妻さんと旅行を思い出させてしまったようで申し訳ないです」私は今回の旅行前にチェックしてたレンブラントの「夜警」を見る事が出来ました。が‼目玉のフェルメール「真珠の耳飾の少女」は、日本へ出張中で見る事が出来ませんでした。あっつ~そうそう 菓子缶に書かれていたℒente は、フランス語の「春」クマオさんのご推察通りでした。
では、孫嬢によろしく。
太平洋の番人 | URL | 2013/11/25/Mon 05:23[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi