陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

中辺路町福定の大イチョウ
DSCF9395.jpg

11月28日(木)、遅ればせながら福定の大イチョウを見に行きました。
福定の大イチョウは、すでに夢木さんたちがブログで紹介してくれています。

私は娘・孫が昼寝に就いたのを見計らい、午後3時20分頃にマンションを出発しました。
鮎川あたりまで来ると、日は山の端に隠れて、薄暗くなってきました。

DSCF9372_2013112916361923d.jpg

私は急いで車を走らせ、福定に着いたのは午後4時でした。
先ず、めだかの学校で教えてもらった撮影ポイントの橋上から撮りました。
幸いにも、夕陽は傾きかけてはいたものの、大イチョウを照らしてくれました。
私の他に二人ほど、大イチョウにカメラを向けていました。

DSCF9417.jpg

次に、私は旧道を通って大イチョウまで行きました。
地元の方らしい三人が、夕陽に照らされた大イチョウを道端で眺めていました。

DSCF9449.jpg

私も近くに車を駐車して、大イチョウを見上げてみました。
堂々たる大イチョウでした。

DSCF9478.jpg

先に黄葉した東側の枝の葉は、すでに散っていました。

DSCF9474.jpg

大イチョウの下に立ってみました。

DSCF9485.jpg

幹や下枝の元から、沢山の乳頭が垂れ下がっていました。

DSCF9554_20131129162553ccf.jpg

大イチョウは北側の人家の屋根を覆うように枝を伸ばしていました。

DSCF9489.jpg

夕陽は足早に沈んでゆきました。

DSCF9531.jpg

谷間を流れる富田川に冷気が立ち込めてきました。

DSCF9565.jpg

山の端に隠れた夕日が、暗い谷間の上に棚引く雲を朱く染めて行きました。

DSCF9592_20131129162009a54.jpg

田辺湾の夕景を毎日眺めている私にとって、山間部での夕景はなかなか風情のあるものだと思いました。
でも、取り残されてゆく淋しさみたいなものを感じさせられました。

DSCF9610.jpg

日暮れとともに、大勢いた見物客も去りました。
最後に残った私は、散り敷いた大イチョウの落葉を踏みしめながら帰途につきました。

DSCF9625.jpg

旧道の出口の橋の欄干に設置された牛馬童子のレプリカが、車のヘッドライトに浮かび上がりました。
中辺路町の国道はすっかり暗くなっていました。
昼寝中の娘・孫には何も告げずに抜け出してきたことを気にしながら、私は夜道を急ぎました。

    2013.11.28         くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi