陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

初冬の平草原公園
DSCF9717.jpg

12月2日(月)午後3時過ぎ、白浜平草原公園に行きました。
私が居ると、孫はなかなか昼寝してくれません。
「お買いもの」と言って、部屋を出てきました。

欅も桜の木も葉が散って、空が広がっていました。

DSCF9724_20131202235151828.jpg

バラ園の処々に、冬薔薇というのか、秋のバラの残花が咲いていました。

DSCF9715.jpg

初夏のバラの花の豪華さはありません。

DSCF9759.jpg

でも、一つ一つの花は冷気に引き締まった感じで、結構きれいでした。

DSCF9731.jpg

ツワブキの花がトリムコースをわずかに彩っていました。

DSCF9733.jpg

睡蓮池の周りには、綺麗に紅葉した楓の木が数本ありました。
残念ながら、もう日が陰ってしまっていました。

DSCF9805.jpg

陽のまだ差している方へといってみました。
紅白のサザンカが花の盛りでした。

DSCF9785.jpg

旧空港近くに大きな栴檀の木がありました。

DSCF9778.jpg

鈴なりの実が生っていました。
「栴檀は双葉より芳し」という諺があります。
こうした栴檀の実や花はよく見かけますが、私は双葉の香気を実感したことはありません。

DSCF9800.jpg

午後4時半を過ぎると、夕日は葉の落ちた桜の木々の向こうへ沈んでゆきました。
私はトリムコースを辿りながら駐車場に戻りました。
夕陽がまだ沈みきっていないようなので、三段壁へまわってみました。

DSCF9837_20131202234758d34.jpg

足早に三段壁に近付くと、ちょうど夕陽が水平線に沈んでゆくところでした。

DSCF9838.jpg

わずかに水平線を朱く染めて沈んでゆきました。

DSCF9840.jpg

夏の夕陽のような力強さは、微塵もみられませんでした。

DSCF9847.jpg

あっという間に沈んでゆきました。

とれとれ市場で買い物をして、マンションに戻りました。
ドアを開ける音に、孫の元気な「おかえり!」と言う声が返ってきました。

   2013.12.2           くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi