陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

節分の豆撒き
111_20140202220441929.jpg

               * 「湯処むろべ」の節分の豆

2月3日(月)は節分でした。
歳時記によりますと、

 昔は四季の移り目をそれぞれ節分といったが、今は立春の前日だけが節分と呼ばれる。
節分の日、まだ全く暮れぬうちから、近隣の家で「福は内、鬼は外」という声が高らかにきこえる。「豆撒き」が始まったなと思う。「追儺」(つひな)という儀式が昔禁中で行われ、これが民間の豆撒きとなったのである。
鰯の頭や柊の枝を戸口に挿したりする。

DSCF2853.jpg

      * 我がマンションにやって来た年寄りの赤鬼と三才の青鬼

孫は怖いもの見たさで、夕方から「鬼はくるか」としきりに鬼を気にしていました。
まず夕食後にやって来たのは赤鬼でした。
赤鬼は「鬼は外、福は内」の掛け声で撒かれた豆に、あえなく退散しました。
孫の青鬼は、「お利口さんにします」という約束をして、マンションに留まることを許されました。

撒かれた豆をみんなで拾って食べました。
私は「年相応」の数の豆を食べました。
孫は美味しいと言って、年よりもたくさん豆を食べました。
食べた数だけ早く大きくなってほしいものです。

明日はいよいよ立春です。

   2014.2.3           くまお

追記

「鬼の面にキバを描くのを忘れてしまった!」と、面の製作者である娘が言ってました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi