FC2ブログ
陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

テニスは意地の悪いスポーツ?


テニスの日となると毎日の天気予報が気になります。
これだけハイテクの時代でも、天気予報の精度、確度がそれほどでもないことに驚かされます。前日でも余り当てにならない。
ところで、この前の日曜日、すっかり晴れて暖かいテニス日和でした。防寒対策をして行きましたが、うれしい予想外れ。


テニスについて、よく「意地悪なスポーツだ」と聞きます。
ちょっと早めに退職して、老後の健康保持と趣味にと少々夢を持ってスクールに通って習い始めたというのに、いささかショックな仲間のお言葉。人のいないところ、苦手なところを突いて打つというのです。


考えてみると、およそ球技というもので、意地悪と言ってみればそれきりだけど、相手のいるスポーツなら、たいていは意地悪なものじゃないかな。野球にしてもバレーにしてもサッカーにしても....。
いかに人のいない隙間を狙って打つか、その技術を磨く。球種を豊富に持つことも有効。相手の弱点とか守備位置かげんとか、それを見逃す手はない。それに対応して打てたら、走れたら......。角度をつけて絶対に取れない球を打つ、相手の足元を狙う、回転をかける、予測する。相手の予測に反してその逆を突く....などなど。1つでもそれができるようになりたい。
イチロー選手をご覧なさい。あの手この手の技を駆使して、打つ、走る。打たせまいとピッチャーは難しい球を用意する。その駆け引きを超えてそれでも打つ。素直な工夫のない球ばかりでポカポカ打ち合っているのでは試合にならない。


私なんぞは、遅れての参入とあってまともに若い人と打ち合っては負け
るのは必定。そこを少し長く生きてきた知恵を活かさなくてはテニスを楽しめない。これが楽しみで嫌~な球を日夜研究しているのです。今年もバックハンドでドライブが打てるように、これを今年の課題にしようと思っている次第です。
シャラポワはちと無理なので、ダメンポートでいこうっと。




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi