陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ジャワ島・バリ島の旅(その2)
DSCF2405.jpg

         * 世界遺産 ジャワ島 ボロブドゥール寺院の仏像

6月15日、ハイアットホテルからバスでボロブドゥール寺院遺跡群に向かいました。

DSCF2339.jpg

インドネシアでは、時あたかも大統領選挙の最中でした。
ジョグジャカルタの街は、人と車と単車でまるで洪水のようでした。
インドネシアの面積は日本の約5倍、人口は約2億4千万人だそうです。

DSCF2350.jpg

バスは1時間余り走行して、ボロブドゥール仏教寺院に着きました。
寺院はジョグジャカルタの北西42㎞に所在し、巨大なムラピ火山に囲まれた平原の中央に立地しています。

DSCF2364.jpg

DSCF2428_20140626225648ba6.jpg

一辺120mの正方形の基壇上に石が積まれたピラミッド様式の建造物で、寺院そのものが曼荼羅を表しているそうです。

DSCF2376.jpg

DSCF2378.jpg

DSCF2380_201406262221231e4.jpg

壁に施された1460面の見事なレリーフは、時計回りに進むと、仏教説話のストーリーを順に追うことが出来るそうです。

DSCF2402_201406262223024ae.jpg

DSCF2386_20140626233058675.jpg

小さな窓を持つストゥーパ(仏塔)が3層構造で並んでいます。
ひし形の窓は「俗界に住む人間の不安定な心」を、正方形の窓は「安定した心」を、その上部にある大ストゥーパは窓がなく、「完全なる無の境地」を表しているそうです。
 
               * 徹底ガイド「バリ島・ジャワ島」とウィキペディアを参照

DSCF2436_20140626234743c90.jpg

インドネシアでは学年末の考査が終わり、学校では修学旅行やバス旅行の時期でした。
学校の新学期は七月から始まります。
各地から来た大勢の生徒達で、寺院は混雑していました。
イスラム教徒の人たちの姿も見られました。

DSCF2398 - コピー

寺院の上段からの眺めです。
仏教王国の衰退後、遺跡が密林の中に長い間埋もれていたことが、この眺望から容易に想像されました。

DSCF2414.jpg

ユニークな顔の像に見送られて、世界遺産ボロブドゥール仏教寺院を後にしました。

DSCF2345.jpg

レリーフにも描かれていたインド象がいました。
象の背中から地上の風景を撮ってみたかったのですが、残念ながら時間がありませんでした。

      2014.6.15                 くまお

追記

ジョグジャカルタのジョグジャは平和、カルタは栄えるという意味だそうです。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi