陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ジャワ島・バリ島の旅(その4)
DSCF2578.jpg

             * バリ島 デンパサールビーチの朝明け


6月16日午前5時半、私はそっと起きだし、ホテルの庭園を通って、ビーチに出ました。
午前6時15分が日の出の時刻です。
残念ながら水平線上には雲が多くかかっており、日の出の瞬間は見られそうもありません。

DSCF2521_2014062818445341f.jpg

まだ薄暗い渚の向こうに、人影が動きました。

DSCF2536_20140628184453584.jpg

よく観察してみると、網を張っては長い棒で海面を叩いていました。
早朝の海に入り、漁をしているようでした。

DSCF2561.jpg

漁を終えて帰りに着くころに、朝の光が雲の切れ目から差してきました。

DSCF2563.jpg

どれだけの魚が獲れたのか、私にはよく分かりませんでした。
漁夫はやや疲れたような様子で、私の前を通り過ぎて行きました。

「早起きは三文の徳」と言われるように、珍しい光景に出合いました。

DSCF2580.jpg

DSCF2570_20140629091031962.jpg

沖はリーフになっているようでした。
ダイバースポットなのかもしれません。

一人のオッチャンが近づいてきて、「中国人、それとも日本人?」と話しかけてきました。
私は「日本人だ。」と答えました。
「釣り船をチャーターしないか。」と勧誘してきました。
「釣りは好きだが、そのような時間がない。」と断りました。
オッチャンは、「でかい魚の刺身を食べると、ビンビン精がつくよ。」と言って、手真似をしては笑っていました。

午前7時が朝食の時間なので、私はオッチャンに別れを告げてビーチを去りました。

DSCF2583.jpg

DSCF2588.jpg

ホテルのプールの上には、バリの花フランジパニ(英名:プルメリア)が、ようやく差し始めた朝陽に浮かぶように咲いていました。

本日の観光予定は、海に浮かぶ「タナ・ロット寺院」、壮大な棚田の風景を見渡せる世界遺産「ジャティルウィ」、バリ島で一番美しいと言われる「タマン・アユン寺院」などの見学となっています。

      2014.6.16                   くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi