陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

ジャワ島・バリ島の旅(その5)
DSCF2607_201406301000420f5.jpg

               * 海に浮かぶタナ・ロット寺院

6月16日の朝、デンパサールビーチエリアのホテルを出発し、バリ島の観光に出かけました。

DSCF2605_20140630100042b25.jpg

先ず、インド洋に面した海岸の海に浮かぶようなタナ・ロット寺院を見学しました。
見学とはいっても、満潮時でしたので寺院に渡ることはできません。
海岸からの見学です。

DSCF2630_20140630095936b94.jpg

日本の七夕のような竹の飾り物が、至る所に立てられていました。
ヒンドゥー教の「ガルンガン」という、「戦いの祭り」の飾りです。
この飾りは「ペンジョール」といって、祭りが終わっても35日間立てたままだそうです。

次にジャワ島中部のジャティルウィの棚田に向かいました。
道路が狭いため、本日はマイクロバス二台に分乗しての行動でした。

DSCF2634_20140630095935040.jpg

山麓に近づくにつれて雲行きが怪しくなり、火山のバトゥカウ山は雨雲に隠れてしまいました。
棚田のあちこちに大きな火山岩がみられました。
人々は噴火の度、石や岩を取り除き、棚田を守ってきたのでしょう。

DSCF2669_20140630095936187.jpg

米は二期作で、収獲中の田や、すでに収獲を終えて次の作付のための水田も見られました。

DSCF2672.jpg

日本と同じく、島国のインドネシアには至る所に棚田があるに違いありません。
ここジャティルウィの棚田は、規模の大きさと美しさで世界遺産に登録されています。
棚田を観ながらのインドネシア料理の昼食となりました。
昼食中に降った雨も上がり、次の観光地タマン・アユン寺院に向かいました。

DSCF2675_20140630105731bd7.jpg

タマン・アユン寺院は、バリ島で一番美しい寺院と言われているそうです。

DSCF2689_201406281842310be.jpg

綺麗な芝生に囲まれたヒンドゥー教寺院でした。

DSCF2687.jpg

残念ながら、当日は寺院の中に入ることが出来ませんでした。
寺院内のメル(幾層になった塔)が、わずかに二塔垣間見られました。

DSCF2706.jpg
DSCF2707_20140630113709d99.jpg

バリ島の空には、大きな凧がたくさん上がっていました。
上空を吹く風が強く、何日も上がったままです。
夜中の風が止んだ時を見計らって、凧を下すのだそうです。
街角の店で、色とりどりの凧が売られていました。

DSCF2726.jpg

ホテルに一旦戻り、少し休憩した後、ジンバランビーチに移動して夕食となりました。
レゴンダンスなどを観ながらのシーフード料理でした。

夕食後、暗くなったジンバランビーチの空に、みんなで南十字星を探しました。
明るい三つの星がくの字に見えました。
太平洋戦争中の日本兵のことなどを話しながら、バスでホテルに帰りました。
デンパサールビーチエリアのホテルに連泊しました。

     2014.6.16                   くまお

追記

「ガルンガン」とは、210日ごとに巡ってくるバリヒンドゥー教の祭礼日です。
世の中の善の悪に対する勝利を記念する祝日と言われており、各家の家寺や村の寺院に天上界の神々や自然霊、祖先霊が降り立ち、人々は供物でもてなし、祈りを捧げます。
祖先霊が各家庭に帰ってくる事から、日本のお盆のような宗教行事と言われる事もあります。
また、「クニンガン」とは、「ガルンガン」の日から10日後の祭日で、この日の正午に、地上に降り立った神々や自然霊、祖先霊が天上界に帰る日と言われています。  

神を信じないマヤデナワ王に対するインドラ神の勝利は、悪に対する善の勝利として、ガルンガンの祭礼日となったのが、ガルンガンの始まりです。
                (バリ島旅行,.com バリ島観光ものしりコラムより)



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi