陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

蒜山高原から奥大山へ
DSCF6347.jpg

       * 蒜山大山スカイライン鬼女台(きめんだい)から眺めた大山


DSCF6318.jpg

9月5日(金)午後1時過ぎ、鬼女台(869m)で休憩しました。

DSCF6317.jpg

鬼女台蒜山大山スカイラインのビューポイントです。

DSCF6402.jpg

私はアイスクリームを食べながら、しばし大山の山容を眺めていました。

DSCF6319.jpg

大山(1,729m)の右手には烏ヶ山(1,448m)、そして蒜山高原が眺められました。

DSCF6396.jpg
DSCF6329_20140917094416610.jpg

青空にトンボが舞い、吾亦紅や萩の花が咲いていました。

午後2時前に、「休暇村奥大山」に到着しました。
チェックインまで間があるので、レストランでそばを食べました。
休暇村は山間にあって、ここからは大山は見えません。

天気もいいので、大山が良く見えるという象山(ぞうやま)に登ることにしました。
象山(1,085m)は1時間半くらいで、登って帰ることが出来ると聞きました。
私はトレッキングの服装に着替えて、急いで登りました。

DSCF6426.jpg

休暇村が眼下に見えました。

DSCF6431.jpg

山頂近くになると、霧が立ち込めてきました。

DSCF6435_2014091710324313a.jpg


山頂にたどり着いた時には、あたりは五里霧中でした。

DSCF6473_20140917091219a07.jpg

大山も烏ヶ山も休暇村も見えませんでした。

DSCF6446.jpg

霧が晴れそうもないので、象山を別径で下ることにしました。
足元に珍しい花を見つけました。
「ヤマジノホトトギス」という名の花でした。

DSCF6459.jpg

マツムシソウに山路の蝶がじっと止まっていました。

DSCF6475_20140917091053b2f.jpg

霧の中を下り、休暇村の近くに下りてきました。

DSCF6538.jpg

ついでに、湿原を散策して帰ることにしました。

DSCF6500_20140917091517e7f.jpg

DSCF6528.jpg

DSCF6525_201409170914036f1.jpg

コオニユリやハンゴウソウ、ヨツバヒヨドリにとまる蝶などを観て、休暇村に戻りました。

DSCF6541_201409171109408a7.jpg

霧はますます濃くなってきました。
「ここは霧で有名だ」と、後でホテルの人に聞きました。

DSCF6544.jpg

夕食は「とっとり味紀行」でした。
生ビールとお酒を飲みました。

      2014.9.5                  くまお

追記

9月17日(水)の上富田町の彦五郎堤の白彼岸花です。

DSCF7736_20140917142124a39.jpg

DSCF7739.jpg

DSCF7744_201409171421246b9.jpg




今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi