陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

国民休暇村奥大山
DSCF7107 (2)

     * 国民休暇村奥大山のシンボル「烏ヶ山」(からすがせん)の朝明け


DSCF7020 (2)

9月7日(日)は、午前5時半ごろ起床しました。
濃い霧が高原に立ち込めていました。
今朝は休暇村前の芝生の広場を散策することにしました。

DSCF7043 (2)

擬宝珠山(ぎぼしやま)の麓にある奥大山レストハウスは、まだ眠りの中にありました。

DSCF7051 (2)

東の湿原から霧雲が湧いてきます。

DSCF7078 (2)

流れ来た霧雲が象山(ぞうやま)を隠してゆきます。

DSCF7056 (2)

朝陽が霧雲に反射して、とてもきれいでした。

DSCF7059 (2)

北海道富良野で見たたような風景でした。

DSCF7034 (2)

芝生の広場を進んでゆくと、休暇村の本館が霧の中に隠れてしまいそうでした。

DSCF7092 (2)

マツムシソウは朝露を含んで、ひっそりと咲いていました。

DSCF7084 (2)

烏ヶ山には帽子のような雲が掛かっていました。

DSCF7141.jpg

DSCF7168 (2)

私は烏ヶ山に魅せられて、見え隠れする山を飽きもせず撮り続けました。

午前7時になったので、一旦朝食を食べに本館に戻りました。

DSCF7212 (2)

朝食後、きれいに空が晴れて来たので、再び芝生の広場へ出ました。

DSCF7225 (2)

午前9時過ぎ、私は休暇村奥大山をチェックアウトして、島根県安来市にある「足立美術館」に向かいました。

       2014.9.7                      くまお

追記

蒜山・奥大山と同宿であった方と、親しくお話しすること機会がありました。
ご夫妻は岡山県の方で、「町おこし」の事業に携わって居られるとのことでした。
その方との会話が、一人旅の私を慰めてくれました。
どうもありがとうございました。
ブログを通じてお礼申し上げます。
どうかお健やかにお過ごしください。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi