陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

とっとり花回廊から有馬温泉、そして田辺へ
DSCF7339.jpg

         * 「とっとり花回廊」の正面横の回廊からの眺望


9月7日(日)、足立美術館を慌ただしく見学した後、「とっとり花回廊」を訪ねました。
私の見学予定時間は、午後1時から2時までの1時間でした。

DSCF7300 - コピー

DSCF7302.jpg

DSCF7391.jpg

正面入口からドームまでの通路上は、ペチュニアやベゴニアなどがハンギングで飾られていました。

DSCF7315.jpg

DSCF7316.jpg

ドームの周りの花飾りです。

ドームに入りました。

DSCF7318.jpg

DSCF7326_201409221611390ba.jpg

DSCF7322.jpg

DSCF7320.jpg

DSCF7331.jpg

ドームの中はたくさんの胡蝶蘭などが飾られて、南国のムード一杯でした。

DSCF7328_201409221611394ca.jpg

温室のドームにいると、喉が渇いてきました。
「花より団子」で、ソフトクリームを食べました。
梨のソフトクリームは初めてで、大変美味しかったです。
ソフトクリームに気が行って、私は帽子を落としていました。
女性の方が拾って、手渡してくれました。

DSCF7323_201409221547050ea.jpg

ドームから周囲の回廊に通じている渡り廊下です。
私は回廊を急いで一周することにしました。
回廊にはユリやハイビスカス、熱帯植物などの特設館が付設されていました。

DSCF7384.jpg

回廊からお花畑に出られるようになっていました。

DSCF7356.jpg

サルビアのお花畑がきれいでした。

DSCF7363.jpg

DSCF7368.jpg

ラベンダーによく似ていますが、これもサルビアの花です。
お花畑の向こうには、微かに大山の姿が見られました。

DSCF7333.jpg

大山が見えない時のためでしょうか、回廊内に大山の写真が飾られていました。

DSCF7394_201409212130146a9.jpg

私は急いで一回りして、夏の名残りのひまわりに別れを告げました。

DSCF7409.jpg
DSCF7410.jpg

米子自動車道の蒜山ICには午後3時ごろ着きました。
しばらくの間、蒜山三座や烏ヶ山・大山を眺めては休憩しておりました。

「どの山が大山ですか?」と、私は訊ねられました。
「左端にありますが、雲に隠れて良く見えません。」と、私は答えました。


有馬温泉の宿に到着したのは、午後6時ごろでした。
もっと早く到着の予定でしたが、西宮北IC出口の1,7㎞手前で大渋滞になりました。
前方のトンネル内で、事故が発生したための渋滞でした。

DSCF7414_201409212130146bc.jpg

「モルゲンロート」とは、ドイツ語で「朝焼け」の意味だそうです。
「スイスのマッターホルンの麓ツェルマットのホテルを模したロッジ風の宿」と、じゃらんに紹介されていました。

DSCF7425.jpg

翌朝は早く目覚めました。
窓を開けて、「朝焼け」を撮りました。
そして、午前7時、説明された通り部屋のキーを室内に置いて、ホテルをお暇しました。

正午頃、田辺に着きました。
長かった1週間の一人旅は、こうして終わりました。

    2014.9.7              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi