陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

石蕗の花・八つ手の花(初冬の花より)
DSCF0475.jpg

          * 蝶ひとつとばぬ日かげや石蕗の花   其角


11月7日(金)は立冬でした。

『季寄せー草木花』 (朝日新聞社刊)「冬の部」をめくると、まず「石蕗の花」が登場してきます。

 ツワブキはキク科の常緑多年草で、暖地の海辺に野生し、東北地方の中部から北には見られない。その葉がフキに似ており、葉の表面がつやつや光っているので、艶蕗(つやぶき)からツワブキの名がおこったといわれるが、フキの種類ではない。十月から初冬にかけて、高さ五、六十センチの太い茎を立て、上方に枝を分けて、キクのような鮮黄色の美しい頭状花を開く。石庭などに植え、観賞用にすることが多い。・・・・・

DSCF0470.jpg

リゾートヴィラA棟の玄関に咲いていたツワブキです。

DSCF0478 - コピー

道路を隔てた山陰にもたくさん咲いていました。

 「石蕗の花穂絮(ほわた)となりて風を待つ」(西宮美智子)とあるように、生命力のある植物です。

次のページに「八手の花」が出てきます。

DSCF9036_201411081516046f8.jpg

          * 生き残る蝿が集ヘり花八ツ手   松田茂代

 東北地方南部から、四国、九州、琉球列島の海岸近くの森林に野生するウコギ科の常緑低木であるが、庭木として見ることのほうが多い。日陰でも日向でもよく、文字どおり陰日向なくだれにも愛される庭木である。・・・・・

我が富田の旧家の庭にも、「ツワブキ」や「八つ手」を植えていました。
冬の到来とともに、懐かしく思い出されます。

DSCF0492_20141108210343b68.jpg
DSCF0487.jpg

跡の浦湾で、カモなどの渡り鳥の姿が多く見られるようになりました。

    2014.11.8                  くまお

追記1

DSCF0497_20141108221627838.jpg

リゾートヴィラC棟の玄関には、季節はずれのような「極楽鳥花」が咲いています。

追記2

DSCF0441.jpg

11月7日の月です。
昇り始めはやや赤い月でした。

DSCF0448.jpg

フィルターをかけて撮りました。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi