陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

安川渓谷を行く
DSCF1229.jpg

DSCF1025.jpg

DSCF1177_20141212171443478.jpg

                 * 安川渓谷の紅葉


11月27日(木)、「風邪のトンネル」をやっと抜け出て、安川渓谷に行ってきました。
安川渓谷は田辺市下川上(旧大塔村富里)にあります。
近くの大塔青少年旅行村には、キャンプで何度か行ったことがありますが、安川渓谷は初めてでした。

駐車場には、正午前に到着しました。

DSCF1286.jpg

DSCF1029.jpg

トンネルを抜けると、安川渓谷入口の看板がありました。
私は渓谷に沿った県道を、上流に向かって歩いてゆきました。

<DSCF1197.jpg


前日に降った雨で、流れは勢いを増していました。

DSCF1140.jpg

所々に落石のころがる道(県道214号線)を、どんどん進んでゆきました。

DSCF1043_20141129102631a40.jpg

陽だまりの崖に、慌て屋のモチバツツジが咲いていました。

DSCF1156.jpg

こんな山深いところに、蜜蜂の巣箱が置かれていました。

DSCF1103.jpg

小さな吊り橋がありました。
私はおそる恐る渡ってみました。

DSCF1114.jpg

橋に蔓が絡まりついていました。
下を覗くと、ひんやりした感触が体内を走りました。

DSCF1106.jpg

DSCF1133.jpg

吊り橋の右手は、きれいな景色でした。
「虎穴に入らずんば」で、なんでも試してみるものですね。

DSCF1056_20141129102616778.jpg

安川の流れを1時間半ほど遡りました。
山が迫ってきました。

DSCF1147_20141129102617ecd.jpg

私は頃合いを見計らって、来た道を引返しました。

DSCF1280.jpg

安川渓谷入口の看板にもどると、渓谷へ下りて行く径がありました。

DSCF1263.jpg

な~んだ! これが安川渓谷だったんだ。
「先達こそあらまほしけれ」でした。

DSCF1264_201411291026169e4.jpg

私は急いで渓谷の径を下流へ辿ってみました。

DSCF1189.jpg

時刻は午後3時前で、渓谷は薄暗くなってきました。
100mほど進んで、「来年また来たらいいや」と思って、引き返しました。

駐車場でおにぎりを食べて、帰途につきました。

DSCF1290.jpg

 * 「乙女の湯」の入口のイチョウの木



ついでに富里の「乙女の湯」に入ろうと思い、立ち寄りました。
木曜日はお休みでした。
夕陽に照らされたイチョウの輝きも、アッという間に陰ってしまいました。

久しぶりの外出で、手足に変調を感じてきました。
頭の方も、暗いトンネルをまだ抜け出せていないようでした。
私はオークワで買物をした後、マンシュンに帰りました。
ちょうど午後5時でした。

     2014.11.27                くまお

追記

ながらくブログを留守にしていました。
元気を取り戻しましたので、ご安心ください。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

花②さんへ
ご心配いただきありがとうございました。
二週間にわたり、めだかの学校を欠席してしまいました。
もっと体力づくりをしないといけませんね。
くまお | URL | 2014/11/30/Sun 21:58[EDIT]
よかった
お元気になられて 本当によかったです (^-^) 
でも、ご無理をなさらないで下さいね
花2 | URL | 2014/11/30/Sun 07:28[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi