陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

冬のイサギ釣り
DSCF2912.jpg

              * 久しぶりのイサギ釣りの釣果


12月28日(日)、イサギ釣りに出かけました。
いつもの、遊漁船「みふじ丸」さんにお世話になりました。

DSCF2782.jpg

田辺市目良港を午前6時半に出港しました。
近くのかんぽの宿も、まだ眠ったままでした。

DSCF2811.jpg

DSCF2854.jpg

紀伊の山々に、夜明けが近づいてきました。

DSCF2833.jpg

海面から海霧が立ち昇っていました。

みふじ丸は南部沖にイカリを下ろしました。
今日の釣人は常連のOさんと私、そして船頭さんでした。
午前7時ごろ、釣りが始まりました。

私はカメラを携えて、朝日が昇るのを待っていました。

DSCF2891.jpg

朝日が昇ってきました。
Oさんはイサギを次々に釣り上げて行きます。

DSCF2892_20141230175117d23.jpg

私はまだ朝日を撮っていました。
船頭さんは見るに見かねて、私の釣り具で釣り始めました。

朝日が昇り切ったので、私も釣りを始めました。
私の釣り具をあげてみると、イサギが2尾掛かっていました。
船頭さんが食わせてくれていたのでした。

正午まで釣りました。
約5時間の釣りでした。
イサギ46尾、ソマガツオ2尾、カワハギ1尾の釣果でした。
アイは船頭さんが釣ったのをいただきました。

冬のイサギ釣りは、なかなか難しいというのが実感です。
しゃくった後食いつくまでの待ち時間が一定ではなく、誘い方にも工夫が要ります。
食いつくタナも変わります。
追い食いはなかなかしてくれません。
46尾の釣果は、冬のイサギ釣りとしては上々です。

仕掛はハヤブサ製の4本の擬餌針で、ハリスは3号です。
みふじ丸特注の仕掛けです。
私はトップの擬餌針をグレ針に付け替えて、オキアミの餌を付けて釣ります。
一発必食を狙います。
来年早々また挑戦したいと思っています。

     2014.12.28                くまお

追記

ある人が沢山の温州みかんを持て来てくれました。

DSCF2930.jpg

その他に、珍しい蜜柑を二個いただきました。

DSCF2937.jpg

温州ミカンより大きいのですが、皮は薄いのです。
輪切りにして食べました。
ゼリーのような食感で、甘くて大変美味しかったです。
出回わる頃は、きっと高価な蜜柑になると思われます。

DSCF2949.jpg

12月30日(火)の夕陽は、か弱い月のようでした。


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi