陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

満開の岩代大梅林(2015)
DSCF5769.jpg

               * 満開のみなべ岩代大梅林


2月21日(土)、みなべ町岩代の大梅林へ行ってきました。

DSCF5550_20150222112131925.jpg

午後12時半過ぎに大梅林の駐車場に到着しました。
テニスの先輩が、駐車場係のボランティアをされていました。
駐車場はほぼ満車状態でした。
後ほど聞いたことですが、南部梅林への道路が渋滞していて、岩代梅林にきた人もいたようです。
私は午後3時ごろまで梅林を散策することにしました。

まず、案内の方に教わったカメラのベストスポットへ行きました。


DSCF5564.jpg

DSCF5561_20150222112130ec6.jpg

DSCF5563.jpg

    *  小高い山頂から俯瞰した岩代大梅林の全景(上から左・中・右)


「山間に広がる梅大海」(パンフレットより)と称されるとおり、見渡す限りの梅の花が、霞のように広がっていました。
数年前に訪れた時は、六・七分咲きで、いまいちでした。

DSCF5566_20150222111904035.jpg

今回は満開でした。

DSCF5568.jpg

ちょうど見頃でした。

徒歩コースをたどり、売店や舞台のあるところへ出ました。

DSCF5585.jpg

家族連れの人たちで賑わっていました。

私はお昼に梅うどんを食べた後、いくつかの開放園を巡りました。

DSCF5596_2015022211190417a.jpg

開放園の中へ歩を進めると、空いっぱいに梅の花のトンネルが広がりました。

DSCF5600_201502221119054c6.jpg

私は花のトンネルを行きつ戻りつして楽しみました。

DSCF5582.jpg

梅の木の下には、ブルーの網が設置されています。
収穫時に広げて使用する網です。

DSCF5630.jpg

「カメラにはいささか邪魔」とつぶやいていた方がおられました。
その通りなのですが、白い梅の花にアクセントがついていいかも。

DSCF5622.jpg

それにしても、梅の木は自由奔放に枝を伸ばしています。
「桜切るバカ、梅切らぬ馬鹿」です。
良く選定された梅の木は、花着きが良いようでした。

DSCF5611_2015022211213162e.jpg

よく見れば、梅の花は桜に劣らずきれいでした。

DSCF5732.jpg

道沿いの紅梅は、ここ梅林ではわき役でした。

私は午後3時10分に駐車場に戻りました。
先輩はまだ訪れる車の案内をされていました。
ボランティアの仕事が終わるのを待つ間に、私は出店を覗いてみました。

DSCF5792.jpg

美味しそうな「いももち」がいくつか並んでいました。

DSCF5795.jpg

私は「花より団子」とばかり、1パック買いました。
出店の椅子に腰を下ろし、食べてみました。
柔らかくて、とても美味しかったです。

3時半ごろ、先輩はボランティアを終えました。
そして、東岩代の先輩宅を訪問しました。

DSCF5796.jpg

お宅までの道も梅の花の盛りでした。
この地域は「梅の郷」なのです。

DSCF5799_20150222161730812.jpg

帰りに、先輩からいろんな種類のみかんなどをいただきました。
こんなにもってきてくださってころがるみかん  荻原井泉水 」でした。

      2015.2.21               くまお

追記

地方新聞によりますと、

2月21日現在、南部梅林は七分咲き、紀州石神田辺梅林は二分咲きとのことでした。

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi