陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

写真撮影研修会に参加して(その2)
DSCF5980.jpg


DSCF6020_20150225205542912.jpg

              * 白浜町の名勝 千畳敷の夕陽


2月23日(月)午後5時、写真撮影の現地研修(パート2)が、白浜町の名勝 千畳敷で始まりました。

DSCF5972.jpg

徳田直季講師のレクチャーがあり、

太陽をいろんな位置に配して撮ることが強調されました。

DSCF6083.jpg

太陽を画面の上・中・下、左・中・右の位置に配して撮ってみる。

DSCF6104.jpg


さらに、カメラを縦にして、同様に撮る。
合計18枚以上を撮る。
どの位置の太陽が良かったかは、あとで判断すればよい。

これまで私は、夕陽を撮るとき、「夕焼けシーン」のモードで、夕陽を真ん中に置いて撮ってきました。
しかも望遠を多用してきました。
そのため、ありのままと違った夕焼けシーンになっていました。

その夜の宿泊は、「湯処むろべ」でした。

DSCF6124_20150225152134143.jpg

夕食後、作品品評会を兼ねたレクチャーがありました。

学んだことを箇条書きにしてみました。

心構えとして、

◎ 写真はありのままが一番良い。
◎ しつこく撮る。
◎ たくさん撮り、選ぶことで上達する。
◎ いいシーンと色に出会うのを待ち続ける。
◎ 写真から感じる物語がある。
◎ 望遠は多用しない。
◎ 人物撮影は、声を掛けると心温まることがある。

技術として、

◎ 花は正面にピントを合わせる。
◎ バックの明暗などをいつも意識して撮る。
◎ 風景などはオートブラケットを使うとよい。
◎ ホワイトバランスは、ふつうはオートでよい。

午後9時過ぎにレクチャーが終了しました。
入浴して床に就きましたが、頭を使った所為か、しばらくは寝つけませんでした。

     2015.2.23               くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi