陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

田並の沖釣り
DSCF3057.jpg

          * 串本田並の漁港を出港する釣り船闘龍丸


4月18日(土)、初めての田並沖釣りに行きました。
闘龍丸の船長さんは、あらほり渡船(第二闘龍丸)の息子さんです。

DSCF3084.jpg

午前5時半過ぎ、闘龍丸田並の漁港を出港しました。
釣人は大阪から来られた親子と私、船長さんの義父の4人でした。

DSCF3105_20150419221716bc8.jpg

田並の港から1㎞ほど沖が釣り場でした。

DSCF3108_20150419221759aeb.jpg

闘龍丸はポイントを流しながら釣ります。
ポイントを過ぎてしまうと、釣り道具を引き上げてまたポイントに戻ります。
ピーという笛の合図で釣り具の上げ下げをします。
田辺のみふじ丸のように、イカリを打って船を掛ける方法とは異なります。

釣り場は水深50mほどの深さでした。
電動リールでの天秤ふかせつりです。
私は電動リールで釣るのは初めてでした。
船長さんと、船長さんのお父さん(義父)が、釣り具の扱いや釣り方を親切に教えてくれました。

11時前に納竿して、港に戻りました。
お父さんが重いクーラーを離れた車まで運んでくれました。

私は岸壁でお昼のおにぎりを食べながら、あらほり渡船の船長さんと話をしていました。
息子さんのお嫁さんが、二人の子供を連れてやって来ました。
岸壁にはあらほり船長と息子さん、義父であるお父さん、お嫁さんと子供さんが勢ぞろいしました。

帰り際に、私が少し離れたところから挨拶をすると、みんなが手を振って応えてくれました。
とても幸せな光景でした。
私は気分よく田並の港を離れました。

DSCF3194.jpg

私は「道の駅イノブータンランド」でアイスクリームを買いました。

DSCF3198_201504192218009f8.jpg

そして、道路を隔てた海岸に下りて、海を眺めながらアイスクリームを食べました。

DSCF3234_2015041922171723b.jpg

最近の紀南地方でも、ジオパークが注目されています。
海岸の至る所に、不思議な自然の造形が見られました。

本日の釣果は

DSCF3255_2015041922171742d.jpg
DSCF3263.jpg

グレとウマズラハゲ?、イサギ18尾でした。
グレは38㎝ありました。イサギは大きいので34㎝でした。

水面で4尾取り逃がしました。
タモを用意して掬おうとすると、イサギが逃げていたこともありました。(笑)
電動スイッチの入れ具合や追い食いさせる加減などまだよくわかりません。

もう一度チャレンジして、30尾ほど釣りたいと思っています。

DSCF3278.jpg
DSCF3281.jpg

グレとイサギは、刺身と塩とごま油和えにしていただきました。

    2015.4.18                    くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

あゆみさんへ
コメントありがとうございました。
過日の富田の花見、お疲れさんでした。
花見は疲れるものですね。

釣りをしながらいつも思うことですが、「海は広いな大きいな」です。
大げさに言うと、「生命の誕生の根源は海にある」と実感しています。

あゆみさんも卵や白子が好きなんですね。
お気をつけてください。痛風は大丈夫ですか?

高退協の総会で会えるといいですね。
それでは、次にお会いする日までお元気で!

お休みなさい。

くまお | URL | 2015/04/20/Mon 20:20[EDIT]
今晩は。
釣り立てのグレ、ウマヅラハゲ、イサギ美味しそうですね。どんなに調理しても好いし、羨ましい。
私はオリオンビールを飲みながら、地元のスーパーで買って来た、ブリの卵と、マサバの卵・白子を煮付けにしてもらって美味しくいただきました。
海からの贈り物って生きている喜びを感じさせてくれるものばかりですね。
至福の瞬間でした。
しげよあゆみ | URL | 2015/04/20/Mon 19:54[EDIT]
Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi