陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「江須崎島」の探策
DSCF4375.jpg

               * 江須崎島枯木灘風景


4月27日(月)、江住海岸公園の童謡の園から江須崎の先端部「江須崎島」へ歩いて渡りました。

DSCF4295_2015043009555601e.jpg

江須崎島へは、コンクリートの道がまっすぐに延びています。

DSCF4309_2015043010112124f.jpg

道の途中に、「魚類供養塔」が建てられていました
釣帰りの私は、深くお辞儀をして通り過ぎました。

DSCF4345_2015043010263145f.jpg
DSCF4326.jpg

島内に繁茂する植物は、国指定の天然記念物になっています。

DSCF4364_2015043009555728a.jpg

鳥居をくぐり、狛犬の階段を上ると、神社の境内です。

DSCF4351_20150430104141a61.jpg

うっそうと茂る樹木に囲まれた境内に、春日神社の社殿がありました。

DSCF4355.jpg

江須崎神社の社殿が横手にありました。

私は社殿にお参りをした後、島の先端部へさらに進んでゆきました。

DSCF4371_20150430095556077.jpg

DSCF4367_2015043009555829c.jpg

島の先端部には、白い江須埼灯台が立っていました。

DSCF4416.jpg

島の先端の岩場に下りて行きました。

DSCF4392.jpg

沖の島の見回りを終えた渡船が、港へ帰って行きました。

DSCF4405.jpg

西沖の江須崎の名礁「ソビエト」には、数人の釣人が渡礁していました。

DSCF4379.jpg

東沖の「沖の長島」には、秋のイガミ釣りで渡礁したことがあります。

DSCF4697.jpg

                        (江須崎の航空写真 釣冊子より)

最先端沖のカイラ島で、46センチのグレを釣ったことを思い出しました。
そして、かつて渡礁した島々をしばらく眺めてから、公園に戻りました。


DSCF4559_201504282349413d7.jpg

DSCF4553_2015042823522640b.jpg

江住海岸公園内の、「エビとカニの水族館」を短時間見学しました。

DSCF4552.jpg

              * ガラスの貝殻を宿としたヤドカリ

マンションに戻ったのは、午後2時でした。

     2015.4.27              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi