陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

南部沖のイサギ釣り
DSCF4891_20150506222951538.jpg

            * 南部沖に向かうみふじ丸からの朝明け


連休に来ていた娘の家族は、5月4日(月)に西宮に戻りました。
私は5日(火)に南部沖のイサギ釣りに出かけました。

午前5時、みふじ丸は目良港を出港しました。
東の空は雲に覆われて、朝日は望めませんでした。
釣客は私と和歌山市、大阪から来た客の3人でした。

今日はイサギの食いが渋く、安定したタナになりませんでした。
船頭さんはポイントを移しては、船を打ちかえてくれました。

DSCF4924.jpg

            * 大阪の方が釣った47センチの石鯛

私は何人かの方に魚の予約を入れていましたので、焦りました。
私の釣果は20尾ほどでした。
船頭さんは納竿の時間を30分ほど延長し、また船を打ち直してくれました。

DSCF4971.jpg

               * 田辺市目良 元島の全景

風が強まってきたので、11時半納竿となりました。

DSCF5023_20150506222951926.jpg

釣った魚は港まで生かしてきて、船頭さんが締めて船宿へ持ってきてくれます。
血抜きもしてくれるので、とても新鮮な魚です。
魚が船宿に届く間、私は岸壁に出てみました。
干潮時のため、弁天様の鳥居が足元まですっかり姿を見せてくれました。
私は弁天様にリベンジを誓いました。

DSCF5058.jpg

         * 本日の私の釣果 イサギ34尾とツノハゲ1尾

最後の半時間で釣果を稼ぎ、なんとか30台に乗せました。
予約をしていた方々に魚をお渡しすることが出来ました。

DSCF5062.jpg

魚の調理が終わりバルコニーに出ると、夕日が南部沖に沈もうとしていました。
明日の良い天気を物語っていました。

      2015.5.5              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi