陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「鳥の巣平和公園」を訪ねて
DSCF5129_20150507152404091.jpg

            * 「震洋」隠蔽洞窟より見た鳥の巣平和公園


5月7日(木)、連休も終わって交通渋滞が無くなりました。

DSCF5068.jpg

4月に開園した「鳥の巣平和公園」に行ってみました。

DSCF5185_2015050715240431e.jpg

ヒメジオンの白い花が咲き乱れる道を、鳥の巣海岸へ向かいました。

DSCF5080_20150507152229032.jpg

しばらく行くと、平和公園への矢印の看板がありました。
ここからは車が通れない細道です。

DSCF5175_201505071523430c7.jpg

                * 鳥の巣平和公園の全景

プレハブの小さな建物の奥に、「震洋」隠蔽洞窟がありました。

DSCF5086_201505071523435b4.jpg

DSCF5128.jpg

DSCF5091.jpg

洞窟には、ベニヤ板で作られた特攻専用兵器震洋の模型が、一隻展示されていました。

DSCF5104.jpg

洞窟の中に入ってみました。
私は戦時中防空壕に避難したことを思い出しました。

DSCF5144.jpg

岩山の側壁に、大小合わせ4つの洞窟が掘られていました。

洞窟を見学した後、プレハブの建物の中に入ってみました。
壁にプリントが二枚貼られていました。

DSCF5155_20150507152118685.jpg
                                                                               

                * 特攻専用兵器震洋の図

DSCF5156.jpg

      * 紀伊半島で展開されようとした特攻専用兵器の作戦計画

重苦しい空気から離れて、建物の外に出ました。

DSCF5172_20150507164744398.jpg

人気のない森閑とした乾いた岩場に、紫蘭の花が咲いていました。

DSCF5136.jpg

平和公園前の海岸には、豪華なプレジャーボートがたくさん係留されていました。


本土決戦になって、特攻専用兵器震洋がここから出撃する場面を想像してみました。
戦場になった沖縄のことを想起しました。
そして、広島・長崎に原爆が投下され、8月15日に終戦になったことを。

鳥の巣平和公園の訪問は、記憶から薄れて行く戦争の悲惨さを思い出す機会になりました。

     2015.5.7          
       くまお

追記

  所用のため、しばらくブログを留守にしますので、ご了承ください。

   2015.5.12        くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi