陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

沖縄の食べ物
DSCF7129.jpg

             * 娘の手料理ゴーヤチャンプル


沖縄での食べ物を紹介します。
塩味が主のゴーヤチャンプルです。
ビール・泡盛によく合いました。

DSCF7910_201506082135533a9.jpg

60度の泡盛「どなん」は十年物で、とろけるような美味しさでした。

DSCF7123.jpg

島らっきょのてんぷらです。
精がつきそうな食べ物です。

S0316948.jpg

自家製のラフティです。
味が良くしみて美味しかったです。

S0376972.jpg

酢モズクです。
4歳の孫も美味しそうに食べていました。

DSCF7132_20150608143720742.jpg

ゆし豆腐のみそ汁です。
ゆし豆腐は温かいまま、袋に入れて売られているそうです。

南風原町は那覇市のベッドタウンとなり、次々にマンションが建てられています。
娘の宿舎の近くに、十数階建てのマンションが建築中でした。

与那国島と違って、沢山の生鮮食料品が、スーパーで売られていました。
幹線道路は二車線で、娘もおっかなびっくりの運転でした。

そば麺の種類が豊富でした。
空港でソーキそばを食べました。
軟骨ソーキはもう一つでした。
孫のために注文した沖縄そばには、肉が二枚入っていました。
「三枚肉というの二枚しか入っていない。」と私が言いました。
「三枚肉」とは、肉と脂身に皮がついたのを言うと、娘は笑ってました。

DSCF7193.jpg

帰る日の空港で食べた、ラフティラーメンです。
これは美味しかったです。

DSCF7209_20150608143719327.jpg

                 * ピーチの搭乗待合室

往きはJALを、還りはピーチを利用しました。
私はピーチを利用するのは初めてです。
シャトルバスで一旦空港外に出ました。
空港端の貨物倉庫の中に搭乗口がありました。
これでやっと無事帰れるとわかり、安心しました。
そこで飲んだオリオン生ビールは、格別に美味しかったです。
 
     2015.6.8              くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi