陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

スロベニア・クロアチアの旅(その6)
DSCF9584_20150701231618154.jpg

       * プリトビッツェからトロギールへ向かう途中の休憩地にて

6月19日、プリトビッツェからアドリア海に面した港町トロギールへ向かいました。
バスで3時間半の行程です。
途中、入り江の見える公園で休憩しました。


DSCF9602_20150701231618a08.jpg

アドリア海に面した小さな島の港町トロギールへは、入り江の橋を渡って行きました。

DSCF9641_2015070215455493c.jpg

トロギールは古代ギリシャ、古代ローマ、ヴェネチア共和国に支配された古都で、町の中心部は城壁に囲まれていました。

DSCF9646_201507021545553a1.jpg

 * 堅固な城壁の門

DSCF9626.jpg

* 昼食をいただいた市内のレストラン

DSCF9629.jpg

昼食はイカの新鮮な姿焼きでした。
塩味でさっぱりとしていて、大変美味しかったです。
私は白ワインを飲みました。

DSCF9622_201507021545564e1.jpg

* 聖ロヴロ大聖堂

アドリア海を挟んで向かい合うイタリアのルネサンス文化からも大きな影響を受けているそうです。

DSCF9667_201507021621124c4.jpg

市庁舎と時計塔のある広場です。

大聖堂内を見学した後、鐘楼に上りました。

DSCF9686.jpg

DSCF9684_201507012313454de.jpg

DSCF9677.jpg

トロギールの旧市街が一望されました。


トロギールを見学後、バスで約50分、スプリットに着きました。
スプリットはクロアチア第二の都市です。

DSCF9740_2015070123134689f.jpg

    * ローマ皇帝ディオクレティアヌス帝が4世紀に建てた宮殿の絵図

DSCF9774_2015070217370015e.jpg

DSCF9745_20150702173659c48.jpg

DSCF9800_2015070217365923f.jpg

7世紀にスラブ人などの攻撃を受け、町と宮殿は廃墟となったが、人々は宮殿の石材を利用して町を復興させたそうです。

DSCF9833_20150701231025dab.jpg

           *  正面のBRASS(真鍮)門の内部

DSCF9782_20150701231155450.jpg

DSCF9793_201507012310261ef.jpg

          *  正面とは反対の金の門の城壁と内門

このように宮殿内は、堅固な城壁と門によって防御されていました。

DSCF9839.jpg

          * 門前に立つ偽衛兵(有料の写真撮影のモデル)

DSCF9803.jpg

宮殿の外には、様々な出店が並んでいました。

DSCF9796_201507012311546dc.jpg

添乗員さんお薦めのチョコレート屋さんです。
(あとで気が付いたのですが、なぜか日本語の看板でした。)
一行のほとんどの方は、お土産に買いました。
私もいくつか買った後、宮殿の内外の出店を見て回りました。
時間となって、集合場所に行きました。

「チョコレート屋さんのレジのキーがなくなった。買ったチョコレートの袋の中に入っているかも知れない。」と、騒いでいました。
私はチョコレートの入った自分の袋を覗いてみると、キーが入っていました。
私は急いでチョコレート屋さんのお店に走って行きました。

お店には添乗員さんと店員さんがいました。
私はキーの入った袋を店員さんに手渡しました。

店員さんは大層喜んで、私の頬にキスをしてくれました。
そして、私が買ったチョコレートを棚から一つ取って、袋に入れてくれました。
私は店員さんと握手をして、店を出ました。

添乗員さんと集合場所に戻り、チョコレート屋さんでの出来事を話すと、みんなから喝采を受けました。
若き女店員さんは大事なキーが見つかり、さぞかし嬉しかったのでしょう。

       2015.6.19                くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi