陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

スロベニア・クロアチアの旅(その7)
DSCF1074_201507031143137ea.jpg
                                           1970

  * ボスニア・ヘルツェゴビナの古都モスタルのネレトヴァ川に架かる橋スタリ・モストは、1556年、オスマン朝支配下の時代に建てられた橋である。

DSCF1077.jpg
                                           1993

  * 1992年に始まったボスニア・ヘルツェゴビナ紛争により、破壊されたスタリ・モストとその周辺

DSCF1075.jpg
                                           1994

       *  破棄されたスタリ・モストのあとに架けられた仮橋

DSCF9934.jpg
                                           2015

 * 2005年、ボスニア・ヘルツェゴビナ初の世界遺産に登録された現在の橋


6月20日、クロアチアのスプリットからボスニア・ヘルツェゴビナのモスタルへ向かいました。
バスで約3時間半の行程です。
これまで「スロベニア・クロアチアの旅」と称していましたが、正確に言うなら、「ボスニア・ヘルツェゴビナ」も付け加えなければなりません。

クロアチアとボスニア・ヘルツェゴビナの国境は、細い道路が続く平地にありました。
国境近辺は撮影禁止でした。

DSCF9879_201507031542340df.jpg

バスを降り、小雨の降る中、旧市街を通り、スタリ・モストへ向かいました。

DSCF9928_2015070315403722b.jpg

DSCF9895.jpg

スタリ・モストは、行き交う観光客で混雑していました。

DSCF9903.jpg

DSCF9904_20150703154152eec.jpg

          * スタリ・モストから眺めた下流と上流の風景

スロベニア、クロアチアでは見かけなかったモスクとミナレットを、ここに来て初めて目にしました。
ボスニア・ヘルツェゴビナの宗教は、イスラム教、セルビア正教、カトリックだそうです。
ボシュニャク人、クロアチア人、セルビア人が混在していることになります。
民族と宗教の間で、悲惨な内戦となったボスニア・ヘルツェゴビナは、平和を取り戻しています。

DSCF0020_20150703154039c02.jpg

               * 弾痕も生々しい民家の壁

DSCF9999_20150703154153898.jpg

スタリ・モストのたもとの店内で、紛争時のビデオ(1ユーロ)を観ました。
忌まわしい内戦の悲惨さを忘れまいとしていました。

バスの窓越しに見るボスニア・ヘルツェゴビナは、復興が遅れているように思われました。


DSCF0087_2015070322551696c.jpg

バスは複雑な国境を数度通過して、、旅の最終地クロアチアのドブロブニクにやって来ました。

2015.6.20                    くまお

追記1

DSCF0782 - コピー

ドブロブニクで連泊した「ラクロマ リゾートホテル」です。
私たちの泊ったどの部屋からでも、アドリア海が見えるとのことでした。

DSCF0128_20150704092914a35.jpg

20日の私の夕食の一部で、生ハムがとても美味しかったです。
40クーナしか残っていませんでしたので、ラージビールを一杯オーダーしました。

DSCF0114_20150704092914ea3.jpg
DSCF0157_201507040929143b6.jpg
DSCF0183.jpg

夕食を中座して、アドリア海の島に沈む夕陽を追っかけました。
うまく撮れませんでした。

21日の朝、ホテルの庭園に出てみました。

DSCF0224_20150704095308b0e.jpg

DSCF0225.jpg

波穏やかなアドリア海の島々が、広い庭園の向こうに見えました。

DSCF0219.jpg

朝陽に輝く、ラクロマホテルのシンボルマークのシェルです。

追記2

スタリ・モストの写真(1970、1993、1994)は、購入したポスト・カードより転写しました。



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi