陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

古座川カヌー下りに挑戦
DSCF2101.jpg

              * 古座川の清流を下るカヌー


7月26日(日)、高退協第四支部主催の「古座川カヌ―下り」に参加しました。
今回が3回目の催しで、私は初挑戦でした。
参加者は10人でした。
田辺・白浜発の車2台に分乗して、古座駅へ向かいました。

DSCF2059.jpg

途中、すさみの道の駅で待ち合わせしました。
台風の余波で、大きなうねりが海岸に打ち寄せていました。
海の催しであれば、とても催行できない状態でした。

一行10人は、まず、古座駅のカヌーセンターで着替えをした後、ライフジャケットとヘルメットを装着し、パドルを受け取りました。
2台の車でカヌーの終着地点まで行き、そこで10人乗りの車一台に乗り換えて、出発地点へ赴きました。

DSCF0443.jpg

出発地点の川原に着きました。
カヌーとインストラクターさんが、私たち一行を待ってくれていました。

DSCF0442_20150728162727e77.jpg

インストラクターさんから、簡単な説明を受けました。

DSCF0454_20150728162735333.jpg

初めての人は、私を入れて三人でした。

DSCF0458_20150728162636474.jpg

初めての人が、カヌーを川に浮かべてパドルの扱い方のレクチャーを受けました。

DSCF0453_20150728162633ff7.jpg

その傍らで、三度目の人は、余裕のVサインをしていました。

DSCF0465.jpg

私は写真を撮っていましたので、最後になってしまいました。
不安になって、カメラを車に置いてゆくことにしました。
(ですから、残念ながら途中のスナップ写真はありません。)

緩やかな流れの次に、岩場のある急流に差し掛かりました。
Vサインをしていた先頭さんが、急流でチン(転覆)してしまいました。
私はそれを見て、なるべく岩場に近づかないように試みました。
でも、どんどん岩場に向かってカヌーは流されてゆきます。
そして、とうとう岩場にぶっつかってしまいました。
パドルで右手の岩を押しても、カヌーは流れに乗ってくれません。
そこで、左手の流れをパドルで漕いだ瞬間、チンしてしまいました。

左手でパドルを持ち、右手でひっくり返ったカヌーを押して、必死に泳ぎました。
急流から浅瀬までカヌーを引き寄せるのは、相当な力が要りました。
(レクチャーで、チンした時はパドルだけ確保し、カヌーはそのままにしてよいと言われていましたが。)
転覆したカヌーを岸に引き上げると、水抜きなどは仲間が手助けしてくれました。

負け惜しみと思われそうですが、私はとても爽快な気分になりました。
それまでライフジャケットとヘルメットを装着し、汗だくになっていたからです。

DSCF2097.jpg

その後は、漕ぐ腕にも力が入り、どんどん流れに乗って行くことが出来ました。

DSCF2109.jpg

私は終着地点に二番目に到着しました。
勿論、速さを競争していたわけではありませんが。

DSCF2112_20150728162528251.jpg

着替えをした後、近くの「月の瀬温泉 ぼたん荘」に行きました。

DSCF2115_20150728162729d4b.jpg

昼食はお祭りのお弁当を注文していました。
さるすべりの木陰で車座になっていただきました。

DSCF2124_20150728162529891.jpg

大変美味しいお祭りのお弁当でした。
当日は古座の祭り「河内祭」の日でした。
カヌー下りの下流では、二隻の御舟が河内島を一周する「花回り」が行われていました。

昼食後、月の瀬温泉に入り、疲れを癒しました。

とても楽しい一日でした。
機会があれば、チンした急流に再挑戦したいものです。

前日に下見をしてくれた役員の方々、車の運転手さん、ありがとうございました。

      2015.7.26                くまお



今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi