陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

涼を求めてー瀞峡(どろきょう)・布引の滝へ
DSCF2926_2015080821352603d.jpg

      * 瀞峡に向かって、北山川を疾走するウォータージェット船


8月7日(金)、涼を求めて、まず瀞峡めぐりをすることにしました。

DSCF2829_20150808213714646.jpg

出発点は志古で、予約しておくと、ホテル瀞流荘の近くの小川口で途中乗船できます。
私は小川口からの乗船を予約しました。

DSCF2840.jpg

午前10時にウォータージェット船がやって来ました。

DSCF2846.jpg

ジェット船は水しぶきをたてながら、水上を滑るように走って行きます。

DSCF2869_20150808213127be6.jpg

瀞峡に入ると、ジェット船の屋根がオープンしました。

DSCF2868.jpg


DSCF2862.jpg

屏風岩や夫婦岩などが次々に現れて来ました。

DSCF2876_201508082135305f0.jpg

振り返れば、やや濁った水を懐いた峡が、ゆっくりと遠ざかって行くます。

DSCF2879.jpg

田戸乗船場で、15分の下船休憩となりました。

DSCF2893_201508091100405fc.jpg

私はここで1時間あまり滞留して、次の船で帰ることにしていました。
けれども時間を持て余しそうなので、往復切符に切り替えてもらいました。
15分後、再び乗船して、上瀞めぐりとなりました。

帰りは船内に吹き込む涼風を心置きなく堪能しました。

DSCF2934_20150808213528a5b.jpg

途中、上りのジェット船とすれ違いました。
小川口で下船したのは、午前11時過ぎでした。


次に、布引の滝に行くことにしました。
布引の滝は13㎞も奥まった所なので、弁当とお茶を買って出かけました。
薄暗い林道を長々と走りました。
滝はナビに全く出てきません。
一台の軽トラックと出合い、やっと道を確認しました。

DSCF2949_20150808212937ac9.jpg

            * 布引の滝の手前300mにある荒滝

名の通り、荒々しい瀑布なのです。
紅葉の時期にもう一度訪ねてみたいものです。

布引の滝です。

DSCF2976_20150808213135b72.jpg


DSCF2980.jpg

布を引いたような水は、太古の昔より岩肌を滑らかに流れ落ちています。

DSCF2969.jpg

私は滝壺に下りて、弁当を食べながら、清涼の一刻を過ごしました。

帰りは紀和町和気・新宮方面への道に出て、日足地区へ架かる橋を渡りました。
広くて走りやすい道でした。

午後3時マンションに帰りました。
涼を満喫した一日でした。

     2015.8.7             くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi