陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「妙高高原の旅」その2(千畳敷カール・乗越浄土)
DSCF7039_20151014165351e59.jpg

             * 霧立ち込める乗越浄土と宝剣岳


10月4日(日)、午前4時半に目覚めたものの、外はまだ暗闇でした。
出発の時間を遅らせ、6時にホテルを出発しました。
菅の台バスセンターの駐車場はすでに満車となっており、1㎞先の黒川平に駐車しました。
バスセンターから来るバスはほとんど満員で、何台かのバスが通り過ぎて行きました。
回送バスが来て、やっとバスに乗ることが出来ました。

DSCF7002.jpg

バスは細い急坂の道をどんどん上り、半時間ほどでしらび平に着きました。

DSCF6996_20151014173743402.jpg

バスを降りると、ロープウェイの整理券が渡されました。
1時間待ちでした。

DSCF6994.jpg


上り下りするロープウェイを眺めたり、辺りを散策しているうちに1時間が経ちました。

DSCF7024.jpg

千畳敷カールに着いたのは、午前8時半頃でした。

DSCF7050.jpg

千畳敷カールの紅葉は、すでに盛りを過ぎていました。

DSCF7027 - コピー

それでも、宝剣岳を頂上にいただくカールの眺めは素敵でした。

DSCF7098_2015101416535147c.jpg

カールを散策した後、カール上の乗越(のっこし)浄土まで、思い切って登ってみることにしました。

DSCF7061_20151014165352ec4.jpg

下りてくる人もあり、上は霧で何も見えないと言ってました。

DSCF7087.jpg

登っているうちに、霧が晴れてきました。

DSCF7108.jpg

乗越浄土にやっと着きました。

DSCF7095_2015101418191400e.jpg

千畳敷カールの後方に駒ケ根市街、さらに南アルプスの山々、そしてかすかに富士山が望まれました。
これで目的は達成したと、私は思いました。

      2015.10.4               くまお

今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi