陶芸を中心に愛犬柴犬、趣味の家庭菜園、釣り、テニスなどを画像入りで書いていました。今は花・自然・テニス・釣り・料理・旅行などを日記風に綴っています。

「妙高高原の旅」その4(いもり池と苗名滝)
DSCF7374.jpg

                * 妙高山麓のいもり池


10月5日(月)、駒ケ根市を出発し、妙高高原の国民休暇村に向かいました。
国民休暇村妙高には、午後3時に着きました。
チェックインした後、いもり池と苗名滝の見学に出かけました。

DSCF7379.jpg

妙高の山頂は、残念ながら雲に隠れていました。

DSCF7381.jpg

DSCF7448.jpg

いもり池には、スイレンの白い花が咲いていました。
(後日のトレッキングのガイドさんによると、、スイレンの繁殖で、池は以前のように妙高山の影を映さなくなったとのことでした。)

<DSCF7375.jpg

いもり池の由来を記した表示板がありました。

池を一周した後、苗名滝に向かいました。

DSCF7400_2015101507590884d.jpg

駐車場から堰堤の横の階段を上り、10分ほどで滝に着きました。
前日からの筋肉痛で、階段を上るのが大変でした。

DSCF7409_2015101506594943d.jpg

 ・・・・・・苗名滝は、その昔、滝から落ちる音があたり四方に轟き、あたかも地震のようだったことから、地震滝と呼ばれていましたが、古語辞典によると「地震」と書いて「なゐ」と読ませていたことから「苗名滝」に転化したようです。

DSCF7405.jpg

高さ55mの豪壮な滝でした。

DSCF7432.jpg

DSCF7434.jpg

            * 滝けぶり側で見てさへ花の雲   一茶

滝近くに小林一茶の句碑がありました。

DSCF7458.jpg

午後5時に休暇村に戻りました。
5時15分から、明日の「黒部ー立山アルペンルート」のツアー説明会がありました。
「越しの湯」という名の温泉に浸かり、筋肉痛の腿をもみほぐしました。
夕食には生ビールと日本酒の熱燗を飲みました。
料理もお酒も大変美味しかったです。

    2015.10.5              くまお


今日のご訪問ありがとうございます。
下の「Comment」部をクリックすると別窓が開いてコメントの記入が出来ます。
お気軽にコメントをどうぞ。

Comment

 秘密にする

Copyright © 陶芸アトリエ高瀬川. all rights reserved.
Customized by Kumanomi